BOBST: 表面張力の問題

表面張力の問題

ボブストグループはパッケージング界の第一線で、製造機器や関連サービスを世界に提供するグローバルグループ企業です。お客様に常にハイパフォーマンスなソリューションをご提供するというポリシーを掲げるボブスト社は、製函工程においてOpenair-Plasma®システムの独占販売権をプラズマトリート社と結びました。

 

表面張力は、合成ラミネート、ニス塗り、蒸着表面や樹脂製ボックス等の接着の鍵となります。 表面張力が低いときは、接着剤が点状にはじかれやすいため接着力も全体的に弱いのですが、プラズマ表面処理を行うと表面張力があがり(72mN/m以上)、接着剤が表面に広がりやすく、均一で強い接着が得られます。実際の製造ラインでは、この均一な接着を確実なものとするためにグルー塗布工程の直前にインラインでプラズマ処理を行います。

 

プラズマトリート社と独占販売契約を結ぶことにより、ボブスト社は大幅な経済的アドバンテージを提供する体制を整えました。同社のお客様はこれで、従来のハイスピードな生産プロセスを犠牲にすることなく、製函プロセスにおける使用接着剤に関してのコスト削減や、ニス塗り製版代を節約することによる印刷コスト削減が可能となりました。

Openair-Plasma®システムにするメリット:

  • 既存生産ラインへの簡易レトロフィット可能
  • 環境にやさしい処理方法
  • • ボブスト社または他社のグルア機のインターフェースに応じたフィッティングもしくはコネクタをご用意


Openair-Plasma®処理のこれらメリットは、品質改良を求めているお客様の関心となるはずです。

 

Philippe Millioud

Parts-Sales Manager

Folder-Gluers

BOBST SA / Switzerland


www.bobst.com

まずはOpenair-Plasma®のテスト装置をお試しください。
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。