Tampoprint社: 正確さが大切

正確さが大切

Tampoprint AG社は、「ミントボックス」へのフルオート5色パッド印刷(スクリーン印刷)の開発や製造を行っており、 その処理スピードは毎時1800ユニットです。

写真: Tampoprint
パッド印刷におけるOpenair®プラズマ:ローテーションノズルによる前処理の処理幅は約45mm

お客様のご協力を得て、以下のようなポイントを含むご要望カタログを作りました:

  • PP材料
  • 表面の濡れ性が最低でも72mN/m(水濡れ性)
  • 外部に飛び散ったミントオイルの完全除去
  • 印刷表面のほこり分子の完全除去
  • 材料表面の損傷なし
  • 内容物の損傷なし(ペパーミント)
  • フルオート機の包容力

このご要望を見るとすぐに分かるように、従来の物理的前処理方法(ガスやコロナ処理)が入り込む余地はありません。専門誌やお客様を通じてプラズマトリート社のOpenair®プラズマ処理法に出会った後は、プロフェッショナルなサポートのおかげですべてが迅速に解決しました。

基準値をもとに、様々な実験を試み、最後にはすべての基準を満たしました。この装置は数年にわたり、私どものお客様のもとで3交代制のシフト下でご活用いただいており、100%ご満足いただいております。

このような事例は1件だけではありません。オートパッド印刷におけるOpenair®プラズマの活用は、ほとんどにおいて好評を得ていると言えるでしょう。

Frank Nitschke

営業部・技術顧問

Tampoprint AG


www.tampoprint.de

まずはOpeanair-Plasma®のテスト装置をお試しください。
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。