エアランゲン=ニュルンベルク大学:
インラインプラズマでしっかりとした処理工程

インラインプラズマでしっかりとした処理工程

マルチコンポーネント射出技術におけるOpenair®プラズマを使ったプラスチックと金属表面へのインライン活性化は、これまで接着が不可能、もしくは、非常に困難であったプラスチック同士や、プラスチックと金属の強力な接着を可能にしました。接着が基本的には可能である材料同士でも接着力の更なる向上が認められると同様に、外的影響をあまり受けないという点でも高いポテンシャルを示しています。

写真: University of Erlangen-Nürnberg
インラインプラズマ生産ユニット:プラスチックとプラスチックの強力な接着を作り出しますsites

Openair®プラズマノズルのヘッドはコンパクトに設計されているため、6軸アームロボットへの取り付けもでき、例えば、2色射出成形材料で、別の材質材料が接着する部分だけを選んで、通常大気下で表面処理することもできます。6軸アームロボットを使うことでプラズマノズルを自由に動かすことができるため、プラズマ前処理をフレキシブルにどの工程内にも取り入れていただけます。生産ラインにお取り付けいただくことで、高性能で連続・安定した生産工程が確立でき、新しい材料成形や材料・プロセス技術における節約への可能性を広げるというメリットがあります。

プラズマトリート社のプラズマテクノロジーのおかげで、現在進行中の我々のプロジェクトの枠組み内で、例えば特別研究分野SFB396の“平面的軽量建築材料のための頑丈で短縮された製造ライン”(http://www.sfb396.uni-erlangen.de)または工業サークル“プラズマ”(http://www.inlineplasma.de)が実現できました。本来ならば互換性のない材料が、このラインに取り入れられた加工により、互いに簡単に、そして清潔に接着することができました。

エアランゲン・ニュルンベルク大学
プラスチック技術研究室(LKT)
教授
Prof. Dr.-Ing.D. Drummer


www.lkt.uni-erlangen.de

まずはOpenair-Plasma®のテスト装置をお試しください。
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。