wfk - Cleaning Technology Institute e.V.:落書きグラフィティ除去

グラフィティ・落書き 研究プロジェクト

ドイツに本拠地を置くwfk - Cleaning Technology Institute e.V.は、硬い表面の洗浄と消毒の分野で研究を行っています。エネルギーと水を節減し、化学薬品の使用を削減する方法を開発するため、既存の プロセスの最適化のみならず、プラズマ洗浄等の、水や化学薬品を使わない新手法も考案しています。効果と資源節減とは別に、研究のもう一つの重点は対費用 効果を高めることです。

アプリケーション

Openair® プラズマに関連した最近の研究活動の成果に、グラフィティ等の落書きの除去を扱ったプロジェクトがあります。現代のグラフィティアーティストたちは、100種類以上のスプレー塗料を使って「サイン」を残しています。ドイツだけでも、落書きによる被害の除去にかかる労力と費用は、年間数億ユーロにもなります。

研究プロジェクトの目標は、建物の表面やファサードの基板に適用される放水、高圧ウォータージェット、水粒子ジェット、又は化学物質をはじめとする従来の洗浄方法を、大気圧プラズマで代替できるかを調査することです。煉瓦、砂岩、精巧な陶磁器、大理石、花崗岩、エロクサール(アルマイト)、及びステンレス鋼等の基板がテストされました。

プラズマは、ローテーションノズルRD1004で放出され、超音速に近いスピードで建物表面に衝突します。その衝撃で、スプレー塗料は蒸発します。Openairプラズマは前述の従来型処理とは異なり、建物の素材そのものを傷つけません。

利点

Openair® プラズマの適用により、建物の清掃業者にとって化学薬品を使わず、排水を出さず、かつ素材を傷つけない、効果的な建物のファサード洗浄手段が実現されます。


wfk - Cleaning Technology Institute e.V.
www.wfk.de

まずはOpeanair-Plasma®のテスト装置をお試しください。
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。