ご質問にお答えします!

プラズマ、プラズマトリート、表面処理全般についてご質問がありますか?

よくあるご質問をご覧ください:そこで、よくあるご質問にお答えしています。

ご質問の答えが見つからない場合は、直接お問い合わせください。

問い合わせフォーム

他の表面処理加工に比べ、プラズマトリート社の大気圧プラズマ装置、Openair-Plasma®技術のメリットは何ですか?

主な利点は業界最高クラスのプラズマ生成力によって、対象物の表面を洗浄・活性化を同時に素早く行うことができる点です。それ以外にも、当社のプラズマ装置はエアーコンプレッサー(空気圧縮機)を利用したドライプロセスのため、ランニングコストを抑えられるだけでなく、オゾン発生の心配もありません。また、真空プラズマで必要とされるような大掛かりな付帯装置は不要のため、既存生産ラインへの組込が簡単、環境に優しい、スペースの節約なども利点として挙げられます。また、高周波放電の印加ポイントでの電圧を測定出来るPCU(プラズマコントロールユニット)も弊社独自の技術で、電子・半導体部品製造などにおける高信頼プロセス対応モニタリングを可能とします。

 

プラズマ装置を運用するのに何が必要となりますか?

当社のプラズマ装置で必要となるのはAC電源(100V/200/230V/400V)や、エアコンプレッサーとなります。作業環境によっては局所排気設備の導入を推奨しております。

 

どの程度の生産スピードで表面処理できますか?

処理スピードは、材料に求める接着強度に対して、ノズルの移動速度やノズル先端から対象までの距離などのバランスで決まります。例えば、PFW10の最高処理速度は 900m/分 ですが、EPDM / TPE などのプロファイル素材が処理対象の場合、移動速度は 2~30m/分 程度が最適とされています。PP (ポリプロピレン) やPC (ポリカーボネート)は 5〜15m/分、アルミニウムは5m/分での処理スピードが適性範囲とされています。しかし、形状や配合成分の比率によっても反応が変わってしまうため、まずは弊社ラボでのデモにてお客様のご希望にあわせた最適なパラメーターを提案いたします。

 

従来の(化学薬品を利用する)工法をOpenair-Plasma®技術で置き換えることはできますか?

置き換えられる可能性はございます。実際に、大気圧プラズマを利用した表面活性化や表面洗浄などの表面の前処理に関して非常に高い効果が得られているだけでなく、機械操作による処理になるため自動化にも適しています。当社プラズマ装置は業界問わず様々な分野の現場で数多く採用されており、今までの実績から培ったノウハウでお客様に最適なソリューションを提供します。

 

なぜ大気圧プラズマ装置、Openair-Plasma®でのプロセスは複合素材の接着・接合にも効果的なのでしょうか?

通常の複合素材への前処理は、電気伝導率と熱伝導率が異なるため非常に困難とされております。Openair-Plasma®プロセスは低温プラズマ手法でありながら、業界最高のプラズマ密度によって前処理を行うことができます。それにより素早く処理ができ、処理対象となる素材へ悪影響を与えることなく表面改質が可能となります。

 

なぜプラズマトリート社の大気圧プラズマ装置は生産ラインへの組込が簡単にできるのですか?

当社のOpenair-Plasma®は、プラズマを照射するためのノズルが非常にコンパクトなうえ、ケーブルの長さ範囲内であればノズルを自由に動かして使用いただけます。また大きな違いは、真空プラズマで必要となる真空槽、コロナ放電・フレーム処理などのガス(空気以外)を使用したプラズマ処理装置は、法令に基づいてオゾンの除外設備といった特別な付帯設備は不要です。そのため、お客様の使用方法や既存の生産ラインを優先した設計ができ、生産ラインへの組込が容易となります。

 

どの程度のランニングコストが発生しますか?

Openair-Plasma®による表面処理プロセスには、主に電力と圧縮空気の消耗品 (プラズマヘッド、フィルターなど)、装置のメンテナンスによるコストが主にランニングコストとして発生します。プラズマ発生装置、プラズマジェネレーターの電圧詳細はこちらからご確認いただけます。部品のお見積もり、お問い合わせは下のお問合せフォールから、またはinfo@plasmatreat.co.jpまでお問合せください。

 

Openair-Plasma®は熱に敏感な素材へも処理可能ですか?

可能です。

射出孔近くのプラズマ温度は約 300℃ ほどありますが、多くの大気圧プラズマ装置に比べると低温プラズマ処理に分類されます。またOpenair-Plasma®は、高いプラズマ密度を射出する技術により、素材までの距離をとったり、送り速度を早くしてもプラズマ効果が得られ、プラズマ処理された対象物の表面は約15℃ほどの上昇に抑えられます。処理方法と素材によっては約30℃ほど上がる場合もありますが、熱に敏感なDVDやIC (集積回路) などの前処理にも導入されています。

 

プラズマ処理で有害排出ガスは発生しますか?

当社のOpenair-Plasma®での処理ではオゾン発生は一般的な大気圧プラズマ装置に比べて、極僅かに抑えられております。この点においては、お客様に提出可能な第三者機関による測定結果もあります。その代わり、素材によっては窒素酸化物(NOx)や一酸化炭素(CO)、加えて他の酸化物が表面に付着した物質の蒸発により微量な有害ガスが生成されることがあります。そのため局所排気の設置を推進しており、加工ステーションのセットには自動的に吸入装置が含まれます。

 

Openair-Plasma®は特別なガスが必要ですか?

Openair-Plasma®は特別なガスでもご使用いただけますが、特別な理由がなければ電力とオイルフリーの圧縮空気以外は不要です。もし自前のエアコンプレッサー等をお持ちでない場合は、当社の低圧サイドチャンネル・コンプレッサー付のプラズマ装置を納品することもできます。お気軽にご相談ください。

 

プラズマビームの照射範囲に感電の危険性はありますか?

プラズマ炎の中に直接入ると感電の危険があります。ノズル自体は接地されているため、感電の危険なく手で操作することができます。

 

表面の活性化効果はどのくらい持続しますか?

活性化効果が持続する時間は、活性化された素材によって異なります。その効果は処理直後が最も強く、その後徐々に薄れ、前処理前よりも高いレベルに落ち着きます。理想的な状況では、塗装やコーティングなどの生産工程は、前処理の直後に行うべきです。 しかし、Openair-Plasma® による活性化は、他の前処理法に比べて極めて長時間の安定性を示します。ぜひ当社へお問い合わせください。お客様の特定の用途において、活性化効果がどのように作用するか、詳しくご説明させていただきます。

 

プラズマノズルと処理面の距離は?

約1~2 cmです。適切な距離を得るために必要な調整は非常に簡単で、生産工程での使用も複雑ではありません。部品は機械的な摩耗や損傷を受けません。

 

複雑な形状や3次元形状を処理することは可能ですか?

プラズマトリート社のOpenair-Plasma® の炎は、溝や小さな領域に浸透します。前処理効果はコーナーでさらに強まります。そのため、平面だけでなく複雑な形状の前処理も効果的に行うことができます。

 

プラズマトリート社のOpenair-Plasma®プロセスは、材料の質量特性を変化させますか?

このプロセスは、イオンが材料の表面と反応するプラズマ表面処理法です。質量が変化することはありません。

 

そのプロセスに関する科学的な文献はこれまでに存在していますか?

ブレーメンのフラウンホーファー研究所がこのテーマに取り組んでいます。関連文献は当社を通じて入手可能です。さらに詳しい情報が必要な場合は、メールをお送りください。