表面エネルギーの測定 - プラズマ前処理の出発点

全ての材料表面は、固有の表面エネルギーを有しています。また全ての液体(インクなど)も、固有の表面張力を有しています。 印刷接着剤コーティングなどを確実に接着し、長期間安定させるには、材料の表面エネルギーを液体の表面エネルギーよりも高めなければなりません。例えば大部分のプラスチックの表面エネルギーは、小さな値となっています(多くは28 mN/m未満)。このようなプラスチックに印刷するには、溶剤インクの場合には40 mN/mの表面エネルギーが、紫外線硬化システムの場合には56 mN/mの表面エネルギーが必要となります。水性塗装システムを使用する場合には、表面エネルギーを72 mN/m以上に高めなければなりません。

多くの工業用途では、接着剤または印刷用インクと表面特性を最適な条件に整えなければなりません。大気圧プラズマによる的を絞り込んだ前処理を施すことにより、表面張力を大幅に高めることができます。それにより、印刷用インク(濡れ性)や接着を可能とする最適な機能を材料に付与することができます。

プラズマ処理前後の表面エネルギーの比較

プラズマトリートでは、材料の表面エネルギーを測定するためのさまざまな方法とサービスを提供しています

個別素材テストのご予約

ぜひお試しください:お客様の用途に最適なソリューションを見つけるため、私たちの経験豊富なアプリケーションエンジニアがお手伝いいたします。当社の設備の整った研究所で、お客様の個々の部品を当社のプラズマ技術で前処理し、その結果を分析します。

プラズマトリート社のラボ用システムとプラズマシステムのレンタル

当社では、Openair-Plasma®表面技術をお客様が実際ご使用される条件下、もしくは直接お客様の製造施設においてテストができるオプションをご用意しています。どうぞお気軽にお申し付けください。

接触角測定

長年にわたり、パートナーであるKRÜSS社との緊密な協力のもと、私たちは接触角測定法の精度に信頼を寄せてきました。

プラズマトリート社のテストインク

サンプルテスト用インク法とは、サンプルテスト用インクを用いて各種材料(プラスチック、ガラス、リサイクル材料、複合材など)の表面張力を測定するシンプルな方法です。プラズマトリート社のサンプルテスト用インクは、表面測定用の優れたツールです。このインクを利用すれば、進行中の製造の品質を保証し、プラズマ処理のパラメータを正確に決定することができます。

AntiCorr® Test Fluids

In less than 60 seconds, this pioneering approach assesses corrosion by applying copper sulfate - a highly acidic and corrosive liquid - as a droplet to the surface.

お客様が抱えている課題について、次のイベントで私たちのプラズマ専門家に直接ご相談ください:

利用できるイベントはありません。