効率的かつ革新的、製造プロセスにインラインで組み入れたOpenair-Plasma®表面処理

大気圧プラズマ表面処理技術を利用した追加加工の主な応用分野は、接着接合、複合材の接合、印刷、塗装、コーティング、2色押出加工です。

Openair-Plasma® 処理は、包装材、印刷、家電機器から、医療、電子機器、テキスタイル・エンジニアリング、コイルコーティング、自動車、造船、航空機業界に至るまで、ほぼ全ての工業製造プロセスで利用されています。

これら全ての工業用途分野では、プラスチックや金属、ガラス、繊維、フィルムといった素材の接合、印刷、塗装が行われています。そこでは、カスタム化した新たな材料特性を得る目的で2つの異種物質を組み合わせた際に、特有の課題が生じるケースが多く見られます。 Openair-Plasma® を利用した表面処理を行うことで、接着性が向上するだけでなく、従来は接着が不可能だった材料の接合も可能になります。

製造プロセスで今すぐ試用する

プラズマ表面処理アプリケーションの代表的事例

接合

接着性を高めプラスチック・金属を確実かつ長期に接合
印刷されたメタルプレート

印刷

印刷・インク接合機能の最適化と印刷品質のレベルアップ

塗装

Openair-Plasma®による塗膜密着性の最適化

2成分射出成形

プラズマ処理でプラスチック・金属を確実かつ長期に接着接合

Dr. Tobias Eckert

Novotechnik OHG, Siedle Group

Openair-Plasma®プロセスは、抜群の効果と即効性で費用対効果に優れています。

- Dr. Tobias Eckert, Novotechnik OHG, Siedle Group

以下のイベントで貴社プロセスに合った当社ソリューションの用途やユースケースをライブでご覧いただけます。

利用できるイベントはありません。

関連情報と記事