• プラズマを活用した自動車産業の未来

    プラズマトリート社の未来志向型プラズマ技術は自動車製造業界における進歩の鍵を握ります。これらの技術は所定の特性を備えた価値の高い表面を形成したり、新しい素材コンビの接合を可能とし、また環境に優しい生産工程を保証するのに役立ちます。これにより軽量構造、自動走行及び電気自動車などの、新しい移動手段や自動車のコンセプト分野で、安定した工程をコスト効果良く全自動化すると言うハイテク革新の前提条件が満たされます。


    プラズマを活用した自動車産業の未来

  • Global SMT & Packaging: Nico Coenen씨와의 인터뷰

    Plasmatreat는 다양한 산업용 플라스마 시스템을 생산하는 회사이지만 애플리케이션이 성장함에 따라 전자 분야로 점점 더 확대되고 있습니다. Global SMT & Packaging의 편집장 인 Trevor Galbraith는 Plasmatreat의 Nico Coenen씨를 인터뷰하여 최근 개발된 사항에 대해 인터뷰 했습니다. (SMT June 2020)


    https://smt-pcb-electronics-manufacturing-news.globalsmt.net/books/dmgs/

    (English)

  • 浮遊する搬送システムで繊細な部品の搬送も楽に

    効率性の高い表面処理と環境に優しい生産工程に適したプラズマ装置のメーカーとして知られ、ドイツのシュタインハーゲンに本社を置くプラズマトリート社は2019年の専門見本市K 2019で新開発のプラズマ処理ユニットを公開しました。ここで特記すべき革新としてBeckhoff社の平面移動システムXPlanerを利用して、加工部品を正確かつ柔軟性をもって搬送する方式が挙げられます。この方式はプリント基板など、損傷することの多い加工部品の移動に際して、ないしはコストの嵩む6軸式ロボットやリニアモーター設置を要する場合の代案となります。


    https://www.pc-control.net/pdf/012020/solutions/pcc_0120_plasmatreat_e.pdf

    XPlanarはプラズマ表面処理中にワース部品を素早く搬送します。

  • プラズマ処理で自動車部品生産のコスト削減

    乗用車のメーカーは手間が嵩む高価な工程をプラズマ表面処理で置き換えることができます。この技術を利用すれば付着力に富んだ素材接合、更には新しい素材コンビも可能となります。(JOT 3/2020)


    プラズマ処理で自動車部品生産のコスト削減

  • 素材の組み合わせを拡充しコストダウンにも役立つ新工程

    構成部品の機能性に関する要求の高まりと効率的な生産工程への需要などから、多重コンポーネント射出成形はプラスチック加工分野でますます注目を浴びる動向にあります。この場合、必ずしも総ての素材が希望通りの組み合わせで安定した工程により加工できるとは限りません。射出成形工程へ完全に組み込まれる新規のInMould-Plasma工程により効率的で、かつ全く新しい素材組み合わせの生産が可能となります。その利用についてはKunststoffe 誌(01/2020)で詳細に報告されています。


    www.kunststoffe.de/en/

    More Material Combinations, Lower Costs (English)

  • 安全上の要因となる付着特性

    付着特性が単に重要な機能としての範囲を超えて製品の安全性にも関わることとなれば、素材をプラズマで事前処理するのが多くの場合に高度な要求を満たすのに適した唯一の可能な手段となります。ハンドブックDICHTUNGSTECHNIK JAHRBUCH 2020 (シール技術年鑑2020年版)には産業界での安全上重要な接着とシール工程に適したプラズマトリート社テクノロジーの利用に関して詳細に報告されています。


    www.isgatec.com/index.php/de/Media/Fachbuecher/Dichtungstechnik-Jahrbuecher/JAHRBUCH-Dichten.-Kleben.-Polymer.-2020

    Adhesion as a safety factor (English)

  • 道標的な決断: プライマーなしの接着

    世界中で事業を展開する照明装置メーカーは僅か数年前に同社の接着工程に先立つ事前処理手法で急進的な改革を決断しました。化学溶剤に代わって大気圧プラズマが年産何千個にも及ぶアルミ製照明器具ケースに要求される高度な付着特性を満足したのです。業界誌ALUMINIUM-PRAXIS (Kick-Off Edition 11/2019) の報告をご覧ください。


    www.alu-web.de

    Groundbreaking decision: Adhesion without primer (English)

  • 民生部門の安全に向けた研究: DBD-プラズマを利用した除染

    ドイツ連邦政府・研究開発省の助成を受けた「MoPlasDekon」(移動式プラズマ除染)研究プロジェクトではプラズマトリート社と、同社のプロジェクト・パートナーが、生物学なリスクの高い場面で汚染された表面を薬品類を使用せずに除染できるプラズマ消毒器を開発しました。そのニュースはMEDICINE & TECHNOLOGYの2019年第1号[11]に報告されています。


    medizin-und-technik.industrie.de

    Research for civil protection: Decontamination with DBD plasma (English)

  • プラズマによるクロム不使用のブラインド材処理

    アルミニューム帯状体を塗装に先立って洗浄する工程では通常、大量の化学物質と汚染された排水が発生します。ブラインドのトップメーカーではOpenair-Plasma®が12年も前からアルミニューム帯状体の製造工程で化学溶剤を一切使用せず、それにより模範的に環境保全へ寄与することを可能としています。この用法に関して専門誌WOMAG (2019年第10号)で詳細に報告されています。


    www.wotech-technical-media.de/womag

    Plasma for chrome-free sun shading (English)

  • 世界中の海で活躍する持続性のあるシールと冷凍技術

    3隻の巨大な液化天然ガス・タンカーが建造13年後でも大洋を安全に航行しているのは、Openair-Plasma®とドイツ・フランス両国の技術者達が協同で安全上重要なタンク絶縁材の接着プロセス実用化へ決定的に寄与したお陰です。業界専門誌DICHT!(シール技術) の2019年第3号では本プラズマ技術の、当時としては未曽有の大規模利用例が報告されています。


    www.isgatec.com/index.php/de/Media/DICHT/DICHT!-Ausgabe-3.2019

    Sustainably tight and ice-cold across the oceans (English)

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。