ヘッドライト――コストを抑えた密封接合

LED技術を採用した最新型ヘッドライトは、車両の耐用年数に匹敵する耐久性を備えています。そのため、ライトを交換する必要がありません。このような耐用年数の長期化を可能にするためには、ライトを効果的に保護し、水分を全て排除しなければなりません。したがって、ポリプロピレン(PP)製やポリカーボネート(PC)製のヘッドライトやテールライトを接合する場合には、優れたシーリング特性を備え、厳しい温度環境などでも安定した接着が可能な接着剤を使用する必要があります。

Openair-Plasma®を用いた高精度の局所前処理を施すことにより、あらゆる重要部位の無極性材料を活性化し、ヘッドライトを確実に接合するとともに、長期間密封します。

 

このページのトピック

長所 インライン統合 ホットメルト接着剤

超微細洗浄 低圧コーティング 曇り 

David Byrne

Chief Assembly Engineer HELLA Australia Pty Ltd

「プラズマ活性化の高い効果と監視機能とエラー診断の正確性は、高品質な製品の生産を約束してくれます。」

- David Byrne, Chief Assembly Engineer HELLA Australia Pty Ltd

ヘッドライトのOpenair-Plasma® 前処理は、プラズマ技術の工業用途の中でもとりわけ大きな成功を収めた応用技術の一つです。Openair-Plasma®技術は今日の軽量で耐久性と品質の高いヘッドランプ製造を可能にしました。大手製造会社はプラズマトリート社のOpenair-Plasma® テクノロジーを利用しており、多くの実績からお客様へ適切なソリューションを提供いたします。

Openair-Plasma®処理のメリット:

処理表面に熱ダメージを与えず、効率的に均質な表面活性化を実現

筐体への変形やダメージがない。金属化プラスチック表面も均質に活性化

Plasma jet pretreating headlamp

接着性強化により接着剤の減量が可能

Plasma treatment of a headlamp

接合面全体の前処理(溝の底面・壁面を含む)

プラズマを生産ラインへ統合――コロナ前処理/フレーム前処理の代替技術。

Openair-Plasma® プロセスでは、ロボット制御インライン技術を採用しています。そのため、ヘッドライトの生産ラインに非常に簡単に組み込むことができます。

Openair-Plasma® は特殊な性質を備えているため、(例えばコロナ前処理のように)処理表面が放電に曝されることがありません。プラズマ前処理を施した場合、処理した材料の温度は(フレーム前処理とは対照的に)ほとんど上昇しません。低圧プラズマ処理などで必要な真空チャンバーシステムは必要ありません。

プラズマ前処理では電圧を印加しないため、精密なヘッドライト用導電性リフレクターに影響を与えることはありません。そのため、リフレクターを事前に組み立てておくことができます。

Hella――ヘッドライトカバーの表面前処理

複雑な形状であるヘッドライトカバーのプラズマ処理をオーストラリアのヘラー社では接着工程の前に行っています。ロボット操作で縁取りに忠実に、正確にインラインで前処理できるため、非常に高速で処理ができます。

 

ホットメルト接着剤で接合前に、プラズマ前処理を施すことで接着性を向上

Openair-Plasma®プロセスにより、新開発の一液系ホットメルトポリウレタン(PUR)接着剤を無極性プラスチック(ポリプロピレンなど)に使用し、信頼性の高い結果を得ることに成功しました。 Openair-Plasma®表面処理を施すことにより、接合する材料に不可欠な高い表面張力を与えることができます。 

接着剤メーカーSika社との共同事業により、Openair-Plasma®とホットメルト接着剤とを組み合わせる技法の開発に成功しました。  (Textlink anpassen!)

特性と
長所

ホットメルト接着剤

  • 高い生強度
  • 高速インライン漏洩試験
  • 生産性の強化(15%超)

ポリカーボネート(PC)製ヘッドライトカバーの超微細洗浄とコーティング

ヘッドライトを砂利などから保護するために、ポリカーボネート(PC、PMMA)製ヘッドライトのレンズに高い表面硬度をもたせる必要があります。ヘッドライトの表面は通常、このような理由から、傷防止効果のあるUV硬化塗料でコーティングされています(※アクリルポリマーの使用が主流)。これらの傷防止保護コーティングは、コーティングを施していないレンズと比較して最大40倍頑丈な物理的衝撃耐性を発揮します。 

塗装仕上げ前にOpenair-Plasma®による超微細洗浄

Openair-Plasma®ローテーションノズルを利用すれば、ポリカーボネート製ヘッドライトカバーにポリシロキサン仕上げ材によるコーティングを施す前に、作用の穏やかなクリーニングを効果的に施すことができます。 

プラズマクリーニングを利用して、射出成形プロセス後に表面に付着している粒子(埃、顔料など)を除去すると同時に、レンズの静電気を放電します。したがって、静電気防止ブロワーを使用する必要がありません。

材料表面に均一で接着に必要な表面張力を実現にすれば、その後実施するコーティング層の塗布を効率よく行えます。したがって、Openair-Plasma®を利用すれば、不良率を大幅に低下させることができます。 

低圧プラズマ処理による、長期耐用傷防止コーティング

プラズマコーティングは傷防止効果と長期耐久性に優れ、ハードコート塗装の代わりとしてレンズに施すことができます。低圧プラズマ(チャンバープラズマプロセス)でコーティングを施すことで、ポリカーボネート(PC)の硬質表面コーティングの耐久性がさらに高まります。低圧プラズマは官能性化学基を表面に導入し、より高度な架橋性をコーティングに付与する作用があり、広く使われる素材にプラズマトリート社の低圧プラズマ処理を行った場合、100倍もの表面硬度向上が期待できます。

 

機能

プラズマコーティング

  • ナノレベルのコーティング
  • 優れた光学特性
  • 優れた安定性
  • 高い耐久性
  • クリーニングが簡単
  • ガラスより何倍も頑丈な表面

LEDヘッドライト筐体の曇り

自動車のヘッドライトにLEDバルブを使用すると、ヘッドライトの筐体内部に発生する熱が少なくなります。発生する熱が少なくなることには利点がいくつかありますが、曇りや結露を引き起こす原因となる、ヘッドライト筐体内部の空気に含まれる湿度にも影響します。 曇りによってヘッドライトから照射される光の屈折が変化してしまい、ヘッドライトの性能に悪影響となります。

今後の展覧会とイベント

見本市やイベントでプラズマを身近に感じてください!

利用できるイベントはありません。