高品質彩色仕上げを施したガラスボトルや金属缶のコーティング

ガラスは伝統的に、白色、緑色、茶色を基本的な色彩として製造されてきました。化粧品パッケージング材などの多くの製品では、より洗練されたガラスパッケージング材を製造するため、加工後に彩色を施しています。また金属製飲料品容器も、消費者の目を惹きつけるような色彩を用いて装飾を加える必要があります。

いずれのパッケージング材でも、高品質規格を満たす彩色が必要となります。特に汎用ポテンシャルフリーOpenair-Plasma®プロセスは、このコーティングプロセスを効果的にサポートする技術のひとつです。  

Openair®プラズマによる前処理の長所としては(特に)以下の項目があげられます:

  • 超微細プラズマクリーニングによる粘着性有機物粒子や不純物の除去; 革新的なコーティングプロセスを利用することにより、プラズマコーティングや代替彩色システム(UVコーティング、溶剤を使用しないコーティング)の利用が可能; 不良率(エラー率)を低減; フラットベッド/スピンドルコーティングシステムにプラズマノズルを簡単に組み込むことが可能

ガラスへのスクリーン印刷用インクの接着性の最適化(ポリマーコーティングを施したボトルへの印刷を含む)

ガラスの製造プロセスの最終段階では、輸送中の摩擦によるボトルの破損や損傷を防止するため、ガラスにコーティングを施します。

通常は、その処理を行った後にガラスボトルにスクリーン印刷プロセスによる印刷を行います。使用する印刷インクが十分に接着するかどうかは、製造中に施されるコーティングの種類によって左右されます。特にポリマーコーティングに対して強力な接着性を確保し、均等に彩色を施すためには、プラズマ活性化により表面張力を高める必要があります。

Openair-Plasma®テクノロジーは、信頼性の高いジェットシステムを備え、インラインに簡単に組み入れることができることから、ガラス容器に必要な表面活性化を行う最も優れたソリューションとなっています。  

環境に配慮したガラス滅菌 ‐ 洗練された外観・イメージを生み出すために

Openair-Plasma®前処理は、従来の砂/酸化アルミニウムブラスト処理やフッ化水素酸処理に代わる、環境に配慮した技術です。 プラズマを用いた超微細表面前処理により、ガラス表面の接着機能を精密に強化することができます。それにより、滅菌プロセス中に添加する粉末を、その後の焼成処理により確実に接着することができます。

Openair-Plasma®プロセスは、滅菌装置にインラインで組み入れることが可能です。  それにより、プロセス全体を短縮すると同時に、いくつかの技術を不要とする事ができます。またプラズマプロセスは、コスト面からも大きな魅力を備えた技術となっています。

コーティングを施したガラスへのラベル貼り:気泡が発生せず、ラベルのようには見えないラベル

ガラスの表面は極性を有しており、水による濡れ性を備えています。したがって、ガラスへの湿式ラベル貼りにより、問題が発生することはほとんどありません。しかし、ガラス容器にポリマーコーティングを施している場合、(一般的に接着剤として使用される)カゼイン接着剤を使用するためには、ターゲットを絞り込んだ前処理を施す必要があります。

RD1010 Openair-Plasma® ノズルは、インラインに組み入れることが可能なシステムであり、温度による影響を抑えつつ、コーティングを施したガラスの表面を活性化し、その濡れ性を高めることができます。

洗練されたデザインを実現するには、一目ではラベルであるとは判らないような粘着ラベルを使用しなければなりません。プラズマ前処理を施すことにより、微細クリーニング(プラズマクリーニング)に加え、ターゲットを絞り込んだ表面張力の強化を同時に行うことができます。Openair-Plasma®を利用すれば、気泡を発生させることなく、極めて簡単に粘着ラベルを貼り付けることができます。

開封済みシール ‐Openair®プラズマ前処理によるガラス・金属への強力接着

Openair-Plasma®を用いたプラズマプロセスが初めて採用された用途の一つとして、ボトルやガラス用キャップにラベルを貼り付ける前に行うプラズマ前処理があげられます。  

パッケージの内容物の健全性を保証するためには、開封明示機能付キャップやタックスラベルを使用する必要があります。この種のシールは、(ガラスに貼り付けた)メインラベルから(金属/プラスチック製の)キャップまでをカバーするように接着する必要があります。

この種の用途で使用するキャップの製造は、冷間成形プロセスを利用します。このプロセスでは潤滑剤を使用するため、その残留物がキャップの表面に付着する可能性があります。そのため、接着処理を行う前に、微細クリーニングを施す必要があります。

Openair-Plasma®によるプラズマ前処理を施すことにより、メインラベルとシール用ラベルの双方とも、同じ接着剤を用いて全体を貼り付けることが可能となります。  

チューブ・缶に最適な防食処理や高品質インプリントに適した、食品安全性を備えた食品用ナノコーティング。

アルミニウム製の缶やチューブを使用する場合、製品とパッケージング材が直接接触することによりアルミニウムの腐食が生じ、食品を劣化させるおそれがあります。そのため、特に食品業界においては、アルミニウム製の缶やチューブの内側や(場合によっては)外側にコーティングを施す必要があります。また低温殺菌などの加工段階においても、パッケージング材が腐食の影響を受ける可能性が増加します。

PlasmaPlus® コーティング法を利用すれば、プラズマノズルにより、ガラス状の超微細ナノコーティングを蒸着することができます。この種のナノコーティングは、材料の使用量を最小限に抑えつつ、パッケージング材に極めて効果の高い保護フィルムを形成します。またプラズマコーティングは、高品質インプリント用プライマーとしても、完璧な性質を備えています。

次回のPlasmaTalksとイベントのご案内

今後の展覧会とイベント

見本市やイベントでプラズマを身近に感じてください!

利用できるイベントはありません。