眼鏡・レンズ等向けの機能性プラズマコーティング

一般的に、眼鏡のレンズはCR-39(熱硬化性樹脂)またはポリカーボネート(PC)で作られており、どちらの素材も軽量で割れにくいという特長があります。その一方で、比較的柔らかく反射しやすいため、望ましい特性が得るには、ナノコーティングによる表面処理と仕上げを施す必要があります。これにより、硬く頑丈で、反射防止・防汚機能を備えた表面を生み出すことができます。

コスト効率に優れた、高級眼鏡レンズの製造

高級眼鏡レンズの製造で直面する一番の課題は、低コストでの大量生産です。

そこで、傷防止層を塗布する低圧プラズマプロセスと反射防止・防曇コーティングを施すOpenair-Plasma®プロセスを組み合わせれば、1つの製造ラインでまとめてこのようなレンズを完全自動製造することができます。

コンタクトレンズのプラズマ処理:コーティングの最適な酸素透過性確保と密着性の実現

今日では多くの人が、視力矯正や美容を目的として、コンタクトレンズを装用しており、その需要に応えるため、優れた装用感と特殊機能を備えた革新的なコンタクトレンズの開発が着実に進んでいます。

 

革新的なコンタクトレンズ――均質な濡れ性とコーティングの密着性を確保し、簡単な離型を実現

特にコンタクトレンズには、良好な濡れ性と、目の角膜に酸素を供給するための最適な酸素透過性が求められます。さらに近年では、装用感の高いハイブリッドコンタクトレンズが登場しています。安定した寸法とソフトな表面が特長です。

低圧プラズマ技術による、コンタクトレンズ表面/眼内レンズ表面の選択的官能基化で得られること

  • 最適な酸素透過性を示す; (特にシリコーンハイドロゲルレンズやRGPレンズの)濡れ性を向上; 最適な滑りを確保; 新しい材料の組み合わせを実現; 製造工程を最適化 (成形工程における容易な離型を可能に)

次回のPlasmaTalksとイベントのご案内

今後の展覧会とイベント

見本市やイベントでプラズマを身近に感じてください!

利用できるイベントはありません。