Openair-Plasma®プロセスでは、ロボット制御インライン技術を採用しています。そのため、ヘッドライトの生産ラインに非常に簡単に組み込むことができます。

Openair-Plasma®は特殊な性質を備えているため、(例えばコロナ前処理のように)処理表面が放電に曝されることがありません。プラズマ前処理を施した場合、処理した材料の温度は(フレーム前処理とは対照的に)ほとんど上昇しません。低圧プラズマ処理などで必要な真空チャンバーシステムは必要ありません。

プラズマ前処理では電圧を印加しないため、精密なヘッドライト用導電性リフレクターに影響を与えることはありません。そのため、リフレクターを事前に組み立てておくことができます。

Hella社:ヘッドライトカバーの前処理
複雑な形状であるヘッドライトのプラズマ処理をオーストラリアのヘラー社では接着工程の前に行っています。 ロボット操作による正確な縁取りで正確にインラインで前処理できるため、非常に高速で処理ができます。

HELLA Australia Pty Ltd.

Openair-Plasma®による品質保証

1995年、ドイツで行われた自動車用ヘッドランプ筐体の生産ラインに、 Openair-Plasma®技術が始めて採用されました。現在、この技術は確立された応用技術として、世界中で利用されています。HELLA社(オーストラリア)では、プラズマ加工プロセスの安全性の高さを非常に高く評価しています。

ストーリーを読む

/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik, /Tags/Automobilbau/MotorElektronik

関連記事

大気圧プラズマで腐食保護

IPCM - PROTECTIVE COATINGS (6/2011)
ドキュメントを開く

金属表面への部分プラズマコーティング

CHEMICAL TECHNOLOGY (5/2011)
ドキュメントを開く

腐食保護 - 生産ラインでナノレベルのコーティング

ADHÄSION (3/2011)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。