医療用フィルタ膜は、使用目的に最も適した透過特性と優れた効率性を備えていなければなりません。この種のフィルタ膜の多くは、房状キャピラリーを材料として製造されています。膜が安全に機能を発揮するためには、その種類を問わず、穿孔が生じるのを防がなければなりません。特に、製造中に膜をフィルタエンドプレートに設置し、確実にシーリング処理を施す必要があります。

膜は疎水性を備えているため、確実に接着するためには、接着する個所に適切な表面改質処理を施さなければなりません。Openair®プラズマは、これまで長年にわたり、この特殊な医療技術用途において優れた性能を発揮することが実証されています。この技術を利用すれば、膜の疎水性表面において、次の工程でフィルタエンドプレートに設置する場所に正確に前処理を施すことができます。

それにより、安全な処理を施した高品質医療用フィルタを製造することができます。

/Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Medizintechnik, /Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik, /Tags/LifeSciences/Medizintechnik-rechts

関連記事

民生部門の安全に向けた研究:
DBD-プラズマを利用した除染

MEDIZIN&TECHNIK (Nr.4[8].2019)
ドキュメントを開く

未来指向 –
医療技術向けのADプラズマ

MEDPLAST 2019
ドキュメントを開く

医療技術: 安定した、そして毒性のないコーティングをインラインで作り出す

KUNSTSTOFFE INTERNATIONAL (2016/04)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。