現在でも、さまざまな業界でアニール処理プロセスが頻繁に利用されています。このプロセスは、Openair®プラズマ前処理よりも遙かに多くの時間とエネルギーを消費します。アルミホイルなどの製品の場合、アニール処理炉を使用して高温で数日間処理し、オイルやグリースを分解・蒸発させてライトグリースのクリーニングを行う必要があります。

プラズマプロセスでは、非常に効果的に熱を伝導することができます。そのためOpenair®プラズマクリーニングとアニール処理プロセスを組み合わせることにより、プロセス時間を大幅に短縮することができます。実際、72時間かかっていたプロセスを10分まで短縮した例があります。また多くの場合、熱処理過程が完全に不要化されます。

アニール処理の代替技術としてOpenair®プラズマを利用したアルミニウムの超微細クリーニング

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。