グロープラズマによる布地の親水化処理 ‐ 布地の彩色堅牢度を長期間維持

繊維・糸からフラットファブリックに至るまで、装置や可染性に関して課せられる要件はどの製品でも同じです。例えば、残留している糊は全て織物を傷つけることなく、効率的に除去しなければなりません。

グロープラズマを利用すれば、Openair®プラズマによる糸の前処理と同じように、織物を効率良く前処理することができます。グロープラズマによる処理を施すと、織物は完全な親水性を備えるようになります(親水化処理)。すなわち表面張力が高まることによって、環境に優しい染料でも、大量に吸収することが可能となるのです。その結果、極めて耐久性に優れ、色あせしない染色が可能となります。この特性は、布地の品質を評価する際に非常に重要な要素となります。

/Gewebe-TechnischesVlies, , , , , ,

関連記事

素材の組み合わせを拡充しコストダウンにも役立つ新工程

Kunststoffe international (01/2020)
ドキュメントを開く

安全上の要因となる付着特性

YEARBOOK OF SEALING AND GASKET TECHNOLOGIES 2020
ドキュメントを開く

道標的な決断: プライマーなしの接着

ALUMINIUM-PRAXIS (Kick-Off Edition 11/2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。