フロック加工とは、あらかじめ接着剤をコーティングしておいた基材に、短いモノフィラメント織物繊維を接着するプロセスのことです。この加工を施すことにより、表面に高品質のベルベットやベロアのような効果を与えることができます。一般的なフロック加工では、繊維が接着剤基盤に垂直に接着するように、静電界を用いて繊維の向きを揃えて加速します。織物基材上の接着剤基盤への接合状態が、フロック加工の品質を決定する重要な要素となります。

Openair®プラズマを用いて織物に前処理を施すことにより、改質表面の接合機能を大幅に高めることができます。したがって、布地の仕上げ加工における加工要因として、非常に大きな効果を上げることができます。

Openair®プラズマの価値は、自動車業界でも認められています。自動車業界では長年にわたり、Openair®プラズマによるフロック加工プロセスの前処理が行われています(EPDM、グローブボックス、織物自体へのフロック加工など)。

/FunktionalisierteGewebe, , , , , ,

関連記事

プラズマによるクロム不使用のブラインド材処理

WOMAG (10/2019)
ドキュメントを開く

世界中の海で活躍する持続性のあるシールと冷凍技術

DICHT! (3 (9)/2019)
ドキュメントを開く

アルミ材を環境に優しい手法で事前処理する

POLYSURFACES (Nr.3[9].2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。