よくある質問

他の表面処理加工に比べ、プラズマトリート社のOpenair-Plasma®技術の利点はなんですか?

主な利点は表面を活性化するうえで他の加工技術より効力が著しく勝ることです。他にも当社のプラズマ装置はエアコンプレッサー(空気圧縮機)を利用し、表面改質に十分はプラズマを送り出しているため、真空プラズマのような大掛かりな装置がいらず、オゾンの心配がありません。そのため既存生産ラインへの組込が簡単、環境に優しい、スペースの節約などが挙げられます。これらの利点をふまえ、運用費が低コストで活用できます。

 

プラズマ装置を運用するのに何が必要となりますか?

プラズマ装置で必要となるのは(230V/400V AC)電源、エアコンプレッサー、及び換気装置などになります。日本国内使用について、必要な際は電圧変換器を取り付けます。

 

どの程度の生産スピードが到達できますか?

処理スピードは、材料と流れる速度、ノズル先端から距離、また処理幅などに左右されます。PFW10では最高 400m/min でのプロセス速度が可能ですが、例えばEPDM/TPEなどのプロファイル素材が処理される場合の移動速度は 2~30 m/min 程度です。

 

従来の(化学溶剤を利用する)工法をOpenair-Plasma®技術で置き換えることはできますか?

表面活性化や表面クリーニングなどの表面前処理に関して、当社プラズマ装置の効力多数の利用分野における現場で証明されています。更には、プラズマ技術を利用することによりベンゼンまたはアセトンといった環境破壊物質が不要になります。

 

なぜプラズマ工法は複合素材で、それほど良く機能するのでしょうか?

通常、複合素材の前処理は、電気伝統率と熱伝導率が異なるため非常に困難です。Openair-Plasma®プロセスは低温プラズマを利用しているため、複合素材へ悪影響を与えることがありません。

 

なぜPlasmatreat社の装置は簡単に生産ラインへ組込できるのですか?

当社のプラズマノズルは真空プラズマに比べると非常にコンパクトで、コロナやガスを使用した大気圧プラズマより低温な上、オゾンガスの心配がないため生産ラインへの取付がしやすいデザインです。またお客様の製造条件に合わせて前処理ステーション(ノズルに保護カバーと排気システム付)を適応させます。

 

どの程度のランニングコストが発生しますか?

プロセスによる消費は主に電力と圧縮空気の消耗品(フィルターなど)、あとは装置のメンテナンスによるコストです。フォーミングガスを利用したプラズマ処理プロセスにはガス費用が発生します。

 

プラズマは熱いですか?

プラズマビーム(射出孔)は約 300℃あり、多くの大気圧プラズマ装置に比べると低温プラズマ処理になります。プラズマを通過する素材の温度はプラズマビームで処理された表面が約15℃上昇します。処理方法と素材によっては約30℃ほど上がる場合もあります。Openair-Plasma®は、熱に敏感なDVDやIC(集積回路)などの前処理にも使用されています。

 

プラズマ処理で有毒排気ガスは発生しますか?

当社、Openair-Plasma®での処理ではオゾン発生の心配はありません。しかし素材によっては窒素酸化物(NOx)や一酸化炭素(CO)、加えて他の酸化物も表面に付着した物質の蒸発により生成されることがあります。そのためサーキュレーターの取付を推進しており、加工ステーションのセットには自動的に吸入装置が含まれます。

 

Openair-Plasma®は特別なガスが必要ですか?

電力とオイルフリーの圧縮空気以外に不要です。もし自前のエアコンプレッサー等をお持ちでない場合は、当社の低圧サイドチャンネル・コンプレッサー付のプラズマ装置を納品することもできます。その際はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。