風力システムでは、風の運動エネルギーを直接電気エネルギーに変換します。風の強い地域では、このシステムがエネルギー生産に大きな貢献を果たしています。この種の風力システムの効率性は、構造的な形状の他に、そのサイズによって大きく左右されます。現在、建造されているシステムでは、最長90メートルのブレード異形材を用いて、最大10メガワットの発電を行うことができます。

風力システムの製造・建築に必要な技術は、航空機製造に必要な技術と多くの点で共通しています。ブレード異形材の断面や機械的安定性、周囲の気流などは、航空機の翼の設計に基づいています。特にブレードの先端における円周速度により、航空機の飛行時と同じように、超音波範囲の乱気流や氷の蓄積など、非常に大きな材料応力が生じます。

高性能風力発電ローターの製造に関する特殊要件:

  • 軽量材料
  • 高強度構造
  • 乱流が発生しない滑らかな表面
  • 高品質表面と安定性

 

GRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCRP(炭素繊維強化プラスチック)を使用する方法以外には、以上の要件を満たすことはほぼ不可能です。航空機業界と同じく、風力発電においても、大気圧プラズマ処理により、非常に効果的なプロセスソリューションを得ることができます。

風力ブレードの製造において非常に高い効果を発揮するOpenair®プラズマ処理の応用分野:

  • 繊維の前処理
  • ラミネート加工プロセス
  • ハーフシェル接合
  • 製造したコンポーネントの表面処理(表面仕上げ

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。