無極性材料でも可能な強力接着。シリコン製キーパッドのポテンシャルフリー前処理。

あらゆるコンピュータや携帯電話において、キーパッドは必要不可欠な要素です。またリモートコントロール型キーボードも、シリコンや導電性ゴムなど、湿潤性の低い材料を用いて製造されています。製造時には導電性フィルムを貼り付け、フィルム層の最上部にあるキーに触れた際に、フィルムとプリント基板とが十分に接触するようにします。

電話用キーパッドのプリントコーティングの最適な接着加工
電話用キーパッドのプリントコーティングの最適な接着加工
Openair-Plasma<sup>®</sup>処理による導電性の改善
Openair-Plasma®処理による導電性の改善

Openair-Plasma®活性化を利用すれば、印刷プロセス中に施すコーティングに最も適した条件を整えることができます。また同時に表面エネルギーを高め、材料の導電性を大幅に高めることもできます。

/Mobiltelefone, /Mobiltelefone-rechts, , , , , , , , , ,

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

コイル・コーティング:
プラズマが化学的スーパー・クリーニングと交替する

ALUMINIUM-PRAXIS Special (01[5].2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。