再生可能エネルギーと省エネルギー ‐
その鍵となる大気圧プラズマ技術

現代に生きる私たちが抱える問題の中心となっているのが、気候変動、減少し続ける資源、新たな環境意識の高まりです。私たちはいま、以下の実現を目指す新エネルギー時代の入口にさしかかっています。

  • ソーラー技術や風力システムなどの再生可能エネルギー技術の性能を高め、発電量kWhあたりのコストを削減すること。
  • 高効率ガス集積システムやバッテリーシステムへのエネルギー貯蔵
  • 自動車用の新型駆動モーターの導入
  • 住宅・産業用建造物における省エネルギー構造と高効率断熱
  • あらゆる工業生産分野における効率性に優れた新プロセスの導入


Openair-Plasma®処理とPlasmaPlus®プロセスを利用すれば、これら全ての分野において新たな技術開発を行うことができます。

  • 太陽光エネルギーシステムの性能と長期効率性の改善

    太陽光発電モジュールや集光装置など、太陽光エネルギーシステムに取り入れられた技術は、常に風化作用に曝されています。したがって、これらの構成要素については、特に湿度・温度の変動など、環境による影響から保護しなければなりません。
    詳しくはこちら 
  • 大型風力発電ローターのプラズマ処理

    風力システムの製造・建築に必要な技術は、ブレード異形材の断面や機械的安定性、周囲の気流など、航空機製造に必要な技術と多くの点で共通しています。
    詳しくはこちら 
  • EV/FCV:駆動システム・貯蔵システム用プラズマ処理

    将来に向けて、EV/FCVの利用の拡大が重要な問題となっています。その問題を克服するためには効率性に優れた駆動モーターの能力を高め、エネルギー貯蔵システムの軽量化・効率化を図ることが重要となります。
    詳しくはこちら 
  • 大気圧プラズマによる高効率化:省エネルギー型製造
    プロセス

    使用しないエネルギーを生産する必要はありません。プラズマ技術は、大量のエネルギーを消費する旧式の製造プロセスから新しいプロセスへの全面的な切り替えに貢献する技術です。
    詳しくはこちら 

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。