ハイテク複合材の離型技術の飛躍的進歩:Openair-Plasma®とPlasmaPlus®による離型剤のカット

現在の長距離航空機は、複合材と呼ばれる強化プラスチックを原料とする、全く新しい材料組み合わせて製造が行われています。

複合材部品を製造する際(翼部、胴部など)、モールド内で材料層を段階的に構築し、加熱して融合します。事前にモールド表面に離型剤を塗布しておかないと、部品もモールドに貼り付いてしまい、取り外すことができなくなります。離型後には、部品表面に離型剤が残留するため、さらなる加工とが難しくなります。

エアバスA380

プラズマトリートでは、この問題を簡単かつ効率的に解決するソリューションをご用意しています。

  • PlasmaPlus®プロセスを利用し、材料層を形成する前にプラズマポリマーコーティングによりモールドに(離型特性を備えた)コーティングを施します。
  • それにより、離型剤を使用する必要がほぼなくなります。
  • Openair-Plasma®クリーニングを利用すれば、離型後に残留している離型剤を完全に取り除くことができます。
/Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Luftfahrt, /Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt-recht

関連記事

大気圧プラズマを活用して恒久的な接着の前処理

PRODUCTS FINISHING 6/2015
ドキュメントを開く

航空宇宙産業のためのプラズマ

INTERNATIONAL SURFACE TECHNOLOGY (IST 4/2015)
ドキュメントを開く

Romeo Sierra calling Papa Tango- プラズマが安定した無線通信を可能に

CHEMICAL TECHNOLOGY (11/2014)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。