大気圧プラズマ技術の大きな可能性

Openair-Plasma®処理は、革新的な新しい製造プロセス、材料の組み合わせ、製品の開発に不可欠な条件を実現することができます。プラズマトリート社はトップクラスの研究所と協力し、将来的な応用分野に向けた研究に集中的に取り組んできました。また業界のお客様や企業パートナーとともに、新たなソリューションや新たな工業用途の開発を継続的に行っています。

  • 新素材を自由に利用

    Openair-Plasma®技術を利用すれば、それぞれの業界において、原材料や材料の効率性、省エネルギーに関して年々厳しさを増す要求に応え、汚染物質や化学物質の使用を避けることができます。Demea(Deutche Materialeffizenz Agentur [ドイツ資材効率局])によれば、材料コストが占める割合(約45.4%)は人件費をも遙かに上回っており、各コストの中で最大となっています。
    Openair-Plasma®処理は、工業生産において、これまで相性の悪い材料同士の接合に初めて成功した技術です。例えばポテンシャルフリープラスチックに対し、塗装や接合などの分野における加工に必要な特性を選択的に付与することができます。また材料のコスト効率を高め、軽量化し、さらに安定化することによって、リサイクル材料などを使用することもできるようになります。材料を自由に利用できる新たな時代がまもなく訪れようとしています。
  • ナノコーティングによる新たな機能

    PlasmaPlus®ナノコーティングを利用すれば、用途に応じて特定の機能性コーティング材を材料表面の微細構造に蒸着させることができます。それにより、全く新たな特性を材料に付与することが可能な、優れた効率性を備えた層を生成することができます。選択的に機能化した表面を生成することにより、未来の製品に全く新しい性能を付与することができます。
    その用途は導電性コーティングからバリアコーティング、薬学的に活性な機能性コーティングにまで拡がっています。
  • 環境に優しい新たなプロセスと最終製品

    ドライなOpenair-Plasma®技術を利用すれば、溶剤プロセスの多くを省略することができます。プラズマを用いた超微細クリーニングは、すでにあらゆる洗浄プロセスの代替技術として利用されており、大量のエネルギーを使用する乾燥工程が必要ありません。
    高効率プラズマ活性化により、環境に有害で、健康を害する接合剤やプライマーを使用する必要がなくなります。接着機能を大幅に強化することができるため、揮発性有機化合物を使用しない水性塗料や接着システムを代替材料として使用することができます。
    これらの特長を全て兼ね備えたOpenair-Plasma®を利用することで、コスト効率に優れた環境に優しい、そして有害物質を含まない製品の、新たな製造プロセスの実現が可能となりました。
  • プラズマ技術による技術革新:あらゆる業界分野における新たな用途

    Openair-Plasma®技術の利用が想定される用途の範囲は無限に拡がっています。業界の多くの分野では、大気圧プラズマを用いた処理方法がすでに確立しています。ライフサイエンスや新型エネルギー、あるいは航空機や宇宙航空産業など、新たな応用ソリューションに関する研究が重点的に行われています。既に、太陽電池の保護コーティングや燃料電池の開発、革新的な炭素繊維材料を用いた軽量構造などの分野で飛躍的な成功を収めています。ヒトの皮膚の治療に関する初期臨床試験でも、将来の飛躍的進歩に向けたプラズマ技術の大きな可能性を探っています。
/Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /PotenzialeDerPlasmatechnik, /PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik, /Tags/Plasmatechnologie/PotenzialeDerPlasmatechnik-rechts

関連記事

低圧プラズマをOpenair®プラズマに替えて

SENSOR-MAGAZIN (3/2011)
ドキュメントを開く

家具作り: プラズマは継ぎ目を作りません

DDS (5/2010)
ドキュメントを開く

導体パネルのラッカー処理

JOT (4/2010)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。