プラズマ前処理を施すことにより、揮発性有機化合物不使用・溶剤不使用接着剤の使用と摩擦防止コーティングが可能となります

Openair-Plasma®前処理により実現する主な効果として、材料表面の活性化があげられます。無極性EPDMプロファイル表面では、特定の化学官能基(OH基、COC、CH3、水酸基、カルボニル基、カルボキシル基など)を付与します。また表面張力を 72mN/m 以上にまで強化します。

摩擦防止コーティングを施したEPDMプロファイル
フロックコーティングを施す前のEPDMプロファイル

プラズマ前処理を利用して、材料表面に接着に最適な状態を作り出すことにより、VOC(揮発性有機化合物)を含有しない水性接着剤と摩擦防止コーティングシステムを、EPDMプロファイルの処理に使用することに初めて成功しました。Openair-Plasma®は、プロセスに簡単に組み込むことが可能であり、優れた接着効果を確実に発揮します。

Hutchinson

EPDMシールの塗装・接合

ハッチンソン社(ドイツ、アーヘン)では、自動車業界向けのEPDM押出成形品に塗装やフロック加工を施す前に、Openair®プラズマを用いて前処理を行っています。その長所としては、スクラップの減少、生産性の向上、最も高いプロセスの安全性・信頼性があげられます。

ストーリーを読む

/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau/EPDM

関連記事

高品質を短時間で。「プラズマ・チューブ」はシール部材のセット時間を最短に

DICHT! (6/2014)
ドキュメントを開く

プラズマと樹脂・プラスチック基板の接着

RUBBER & PLASTICS NEWS (6/2009)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。