Openair-Plasma®を利用したクリーニングにより、
PCレンズコーティングプロセスにおける不良率が大幅に低下

Openair-Plasma®ローテーションノズルを利用すれば、ポリカーボネートヘッドライトカバーにポリシロキサン仕上げ材によるコーティングを施す前に、作用の穏やかなクリーニングを効果的に施すことができます。

プラズマクリーニングを利用して、射出成形プロセス後に表面に付着している粒子(埃、顔料など)を除去すると同時に、レンズの静電気を確実に放電します。したがって、静電気防止ブロワーを使用する必要がありません。

材料表面に均一で必要となる表面張力を実現にすれば、その後実施するコーティング層の塗布を最適化し、層の厚さを均一にすることができます。したがって、Openair-Plasma®を利用すれば、不良率を大幅に低下させることができます。

全面プラズマ洗浄とPC散光形ガラスの表面活性
Openair-Plasma®表面活性は表面全体を余すところなく活性化し、理想的な塗装工程前の材料表面を作り出します。

HELLA Australia Pty Ltd.

Openair®プラズマによる品質保証

1995年、ドイツで行われた自動車用ヘッドランプ筐体の生産ラインに、 Openair®プラズマ技術が始めて採用されました。現在、この技術は確立された応用技術として、世界中で利用されています。HELLA社(オーストラリア)では、プラズマ加工プロセスの安全性の高さを非常に高く評価しています。

ストーリーを読む

/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

的確な位置へ環境にも優しく – 大気圧プラズマによる腐食防止

WOMAG (3/2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。