Openair-Plasma®で実現: 新型ホットメルト接着剤を用いた長期接着。

Openair-Plasma®プロセスにより、新開発の一液系ホットメルトポリウレタン(PUR)接着剤を無極性プラスチック(ポリプロピレンなど)に使用し、信頼性の高い結果を得ることに成功しました。Openair-Plasma®前処理を施すことにより、材料を接合する際に必要な表面張力を生み出すことが可能となります。

接着剤メーカーSika社との共同事業により、Openair-Plasma®とホットメルト接着剤とを組み合わせる技法の開発に成功しました。

ホットメルト接着剤のメリット:

  • 高い生強度
  • 高速インライン漏洩試験
  • 生産性の強化(15%超)

HELLA Australia Pty Ltd.

Openair-Plasma®による品質保証

1995年、ドイツで行われた自動車用ヘッドランプ筐体の生産ラインに、 Openair-Plasma®技術が始めて採用されました。現在、この技術は確立された応用技術として、世界中で利用されています。HELLA社(オーストラリア)では、プラズマ加工プロセスの安全性の高さを非常に高く評価しています。

ストーリーを読む

/Scheinwerfer, , , , , , , , , , , ,

関連記事

安全上の要因となる付着特性

YEARBOOK OF SEALING AND GASKET TECHNOLOGIES 2020
ドキュメントを開く

道標的な決断: プライマーなしの接着

ALUMINIUM-PRAXIS (Kick-Off Edition11/2019)
ドキュメントを開く

民生部門の安全に向けた研究:
DBD-プラズマを利用した除染

MEDICINE & TECHNOLOGY No.1 [11].2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。