ナノ技術:生体システムにおけるナノ粒子の分散性 ‐ 凝集を生じないナノ粒子

生体システムにおけるナノ粒子の挙動を解明すれば、治療法に関する全く新しい可能性へと向かう道を開くことができます。

ナノ粒子と細胞との間に目的とする相互作用を生じさせると同時に(化学反応界面)、液体中にナノ粒子を分散させるために、表面に適切な処理を施します。

プラズマトリート社は、ナノ粒子のプラズマ前処理に使用する粒子を連続的に供給する機能を備えたプラズマ反応装置を開発しました。その際に、特に大きな課題となったのが、ナノ粒子(ナノ粉末)の凝集の防止でした。

この技術では、渦電流原理を応用することにより、極めて均一性の高いナノ粒子をプラズマに供給し、連続的かつ再現可能なプロセスを実現しています。

/Chemie-Biochemie, , , , , , ,

関連記事

プラズマを活用した自動車産業の未来

WOMAG April 2020
ドキュメントを開く

浮遊する搬送システムで繊細な部品の搬送も楽に

PC Control April 2020
ドキュメントを開く

プラズマ処理で自動車部品生産のコスト削減

Journal für Oberflächentechnik 3/2020
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。