将来に向けて、EV/FCVの利用の拡大が重要な問題となっています。大手自動車メーカーや電子機器サプライヤーでは、新型駆動・貯蔵システムの開発に力を注いでいます。その開発を成功に導くためには、効率性に優れた駆動モーター(電気モーター)の能力を高め、エネルギー貯蔵システム(バッテリー、燃料電池)の軽量化・効率化を図ることが重要となります。

この種の高性能システムを製造するためには、革新的な複合材を開発しなければなりません。また使用する材料の表面には、機能化処理を選択的に施さなければなりません。Openair®プラズマ活性化とPlasmaPlus® 機能性コーティングを組み合わせた独自のプロセスを利用すれば、優れた成果をあげることができます。Openair®技術は簡単に応用することが可能であり、機能性コーティングにより新たな特性を生み出すことが可能であることから、上記に最も適した技術であるといえます。

電気駆動・貯蔵システムの製造に利用されているプラズマコーティングの例:

  • 燃料電池からの排水用の局所的親水性/疎水性プラズマコーティング
  • 所定の誘電性を備えた、部分的絶縁プラズマコーティング(絶縁コーティング)
  • 電極システムへの摩耗防止コーティング

プラズマトリート社は、産業や研究に関連する具体的な質問に対してお答えいたしております。当社のエキスパートにお問い合わせください。

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。