太陽熱エネルギー:太陽光発電所で使用する太陽熱ミラー用の信頼性の高い耐腐食性コーティング

太陽光から集中的なエネルギー生産を行うためには、パラボラトラフ技術に基づき、太陽光を熱に変換します。その中心に位置する太陽光エネルギー発電所では、パラボラ型の大型ミラーを一列に長く並べ、太陽からの放射光を反射し、その焦点における強度を80倍に高めます。各ミラーの中心では熱伝導媒体を加熱し、熱交換器を利用して蒸気を生成します。この蒸気を用いて、従来型の電気タービンを駆動します。またはエネルギーを蓄熱装置に集め、夜間の発電に使用することもできます。

太陽熱ミラーの耐腐食性コーティングと表面仕上げ

パラボラトラフ型太陽光ミラーは、作動中に厳しい環境条件に曝されます。そのため、太陽光ミラーには保護コーティングを施す必要があります。一方、太陽光エネルギー発電所全体の効率性は、太陽光ミラーの精度と反射光の集光能力によって左右されます。従来型のポリマー耐腐食性コーティングの場合、上記の効果が低下し、それにより効率性が低下します。PlasmaPlus®プロセスによるプラズマコーティングを利用すれば、ほぼ無機質のガラス状コーティング材料を用いて表面全体にナノコーティングを施し、高温でも長期安定性を備えた防食処理を確実に施すことができるため、上記のような問題は生じません。

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。