ローターブレードのPlasmaPlus®機能性コーティング:防食処理と空気力学的効果の改善による収率の向上

風力システムのローターブレードの効率性には、航空機と空気力学法則が適用されます。航空機の効率性を決める要素となるのは、翼表面と機体の空気摩擦です。表面に微細構造を構築し、極めて疎水性が高いテクスチャー加工を施すことにより、摩擦抵抗を抑えます。そのモデルの一つとして、水中でのイルカの運動方法があげられます(イルカの皮膚)。

風力タービンローターブレード異形材周囲の気流

ポリマーPlasmaPlus®機能性コーティングにより、風力システムの収率を大幅に高めることができます。

  • プラズマコーティングにより 摩擦が大幅に減少し, ローターブレードのbetter aerodynamics 空気力学的効果を高めます。
  • 機能性コーティングにより、塗装・腐食条件下で高い効果を発揮する耐クリープ性 を備えることもできます(耐腐食性コーティング)。
  • プラズマコーティングにより、ローターブレードに施したコーティングの耐用年数を延ばし、環境抵抗を高めます。

プラズマトリート社では、業界・学界の専門家やパートナーと協力し、風力システムを最適化し、効率性を高める各種ソリューションを開発しています。電話または電子メールにて、当社の専門家にお問い合わせください。

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。