風力タービン用ローターブレードの塗装:プラズマ活性化後のCRPへの確実な塗料の接合

CRPローターブレード用表面前処理における最先端技術として、機械的粗面化や溶剤によるクリーニングがあげられます。このプロセスを利用した場合、極めて均質性に乏しい表面が生成する可能性があります。また環境に有害であり、手作業による多大な労力が必要となります。

一般的なCRPコンポーネントの場合、繊維と繊維基質との間で熱伝導に差が生じます。したがって、火炎処理法やレーザー処理法など、高温で処理を施した場合、複合材表面の特性が破壊されるおそれがあります。

Openair®プラズマ処理によるCRPローターブレード用複合材特性の最適化 
ロータリーノズルRD1010による均質なプラズマ処理

Openair®技術を利用すれば、大型コンポーネントに対してもプラズマ処理を問題なく施すことができます。それにより、風力タービン用CRP製ローターブレードの製造に新たな可能性が生まれます。

特にプラズマノズル RD2005を用いてOpenair®プラズマ活性化を行うことにより、熱を印可することなく、表面を均一に活性化することができます。この種のプラズマ処理により、均一に塗料を流して塗膜密着性を強化し、摩擦を生じることなく、ローターブレードを効率良く使用することができるようになります。

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。