プラスチックボトルのキャップは、気密性を完全に維持すると同時に、簡単に開封することができなければなりません。このような性質を実現するため、この種のキャップにはシリコン改質複合材が使用されています。

Farbhaftung auf Kunststoffdeckeln
プラスチック製ボトルキャップのプラズマ処理による確実なインク接着

しかし、この種の材料の表面張力は小さく、したがってこの種の材料に印刷を施すには、プラズマ前処理を施す必要があります(特に溶剤を使用しない食品安全性を備えたインクを使用する場合)。そのため大手製造業者では、数年前からOpenair®プラズマを用いてボトルキャップの表面張力を強化しています。

プラズマノズルは、高速運転する最新型パッド印刷装置に直接組み入れることができます。

Tampoprint AG

正確さが大切

Tampoprint AG社は、「ミントボックス」へのフルオート5色パッド印刷(スクリーン印刷)の開発や製造を行っており、 その処理スピードは毎時1800ユニットです。

ストーリーを読む

/Kunststoffverpackung, , , , , , , , ,

関連記事

安全上の要因となる付着特性

YEARBOOK OF SEALING AND GASKET TECHNOLOGIES 2020
ドキュメントを開く

道標的な決断: プライマーなしの接着

ALUMINIUM-PRAXIS (Kick-Off Edition 11/2019)
ドキュメントを開く

民生部門の安全に向けた研究:
DBD-プラズマを利用した除染

MEDICINE & TECHNOLOGY No.1 [11].2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。