PlasmaPlus®を用いた布地ポリマー繊維の革新的な「ガラス状」難燃性仕上げ加工

PlasmaPlus®によるプラズマ重合は、糸の表面に機能性ナノ層を添加する極めて効果的なプロセスです。使用する前駆物質に応じてこの層を調整し、親水性または疎水性にすることができます。布地の機能化に関連する用途の一つとして、難燃性コーティングがあげられます。

フランスの研究機関CREPIM(Centre de Recherche et d’Etude sur les Procédés d’Ignifugation des Matériaux)では、プラズマ重合による布地の難燃効果に関する幅広い研究を行っています。極めて薄いガラス状の層をコーティングしただけでも、コーティングが無機性を備えているため、ポリマー繊維の可燃性は大幅に減少します。

CREPIM

火災予防の新技術

フランスのCREPIM Instituteは、火災予防規定の対象となる、あらゆる産業に使われる難燃性素材の研究に力を入れています。試験所ではPlasmaPlus®ポリマー化を用いて、異なる性質の基板の火災における作用を改善させる研究を行っています。

ストーリーを読む

/Garnkonfektionierung, , , , , ,

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

コイル・コーティング:
プラズマが化学的スーパー・クリーニングと交替する

ALUMINIUM-PRAXIS Special (01[5].2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。