カーペット製造におけるステープルファイバーのプラズマ毛焼加工‐ 柔らかく心地よい手触りを精密に制御・測定

カーペット業界、特に米国のカーペット業界では、ステープルファイバー製カーペットとフィラメント糸製カーペットとの競争が激しくなっています。ステープルファイバーの外観と手触りは、フィラメント糸よりも優れていますが、埃や糸くずが蓄積するという問題を抱えています。この問題の原因は、いずれも天然ステープルファイバーが複数の部位に分離して存在していることにあります。したがって、表面処理仕上げを施す必要があります。

Openair®プラズマによるステープルファイバーの毛焼加工:慎重な制御・精密な調整

ガス炎を用いたガス処理などの従来のプロセスでは、機械的方法を用いて残留している小さなフィラメントを毛焼/燃焼し、除去しています。しかしその結果、完成品の手触りが柔らかさを失う可能性があります。Openair®プラズマによる毛焼加工は、火炎による毛焼加工に代わる効果的な技術です。このプロセスでは、プラズマジェットを慎重に制御し、精密に調整することが可能であることから、繊維の品質を劣化させずに維持することができます。

/Garnkonfektionierung, , , , , ,

関連記事

プラズマによるクロム不使用のブラインド材処理

WOMAG (10/2019)
ドキュメントを開く

世界中の海で活躍する持続性のあるシールと冷凍技術

DICHT! (3 (9)/2019)
ドキュメントを開く

アルミ材を環境に優しい手法で事前処理する

POLYSURFACES (Nr.3[9].2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。