天然繊維の縮みを防止 ‐ 品質改良剤を使用しないPlasmaPlus®布地コーティングの利用

天然繊維を原料とした布地の製造中に、繊維に前処理を施し、品質改良剤を使用することによって、布地表面の摩擦を抑える薄膜を繊維表面に形成します。繊維業界では、この保護膜を利用しない限り、高速製造を行うことはできません。しかし、この種の品質改良剤は、織物をクリーニングした際に天然繊維に縮みが生じる主な原因ともなっています。

Openair®プラズマ技術を利用すれば、有機シリコン繊維の前処理を迅速に行うことができます。この独自のプラズマコーティングにより、繊維を効果的に保護し、高速製造に適した前処理を施します。

この新たなプロセスでは、化学品質改良剤を使用しません。そのため、製造した織物がクリーニングによって縮むことはありません。それにより、高品質の製品を消費者に届けることができます。

/FunktionalisierteGewebe, , , , , ,

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

コイル・コーティング:
プラズマが化学的スーパー・クリーニングと交替する

ALUMINIUM-PRAXIS Special (01[5].2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。