航空機製造分野では、同業界で使用する材料の抜本的な移行が生じています。これまで、航空機の外殻やストリンガには、ほぼ全てアルミニウム合金を使用していました。現在では、これらのコンポーネントは、主に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を材料として製造されています。

この材料が初めて工業用途に使用されたのは、2007年のことです。この年、ボーイング社は同社のB787ドリームライナー航空機にCFRPを採用しました。それ以降、CFRPの強化がさらに進み、現在では、例えばエアバスA350WXBを構成する材料の40%以上がCFRP材料となっています。

航空機製造におけるOpenair-Plasma®での表面処理メリット:

  • プラズマ前処理により、CFRPコンポーネントの安定性を改善。
  • Openair-Plasma®により、二次接合・塗装作業における信頼性の高い高品質加工を実現。
  • Openair-Plasma®により、大型コンポーネントに対する選択的なロボット誘導型プラズマ前処理を初めて実現。
  • この種のコンポーネントは規模が大きいため、チャンバーに入れての処理ができないため、大気圧下の前処理に最適。
/Tags/Transport/Luftfahrt, /Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt, /Tags/Transport/Luftfahrt

関連記事

安全上の問題です - 航空技術に役立つプラズマ

KUNSTSTOFF + VERARBEITUNG 2019
ドキュメントを開く

大気圧プラズマを活用して恒久的な接着の前処理

PRODUCTS FINISHING 6/2015
ドキュメントを開く

航空宇宙産業のためのプラズマ

INTERNATIONAL SURFACE TECHNOLOGY (IST 4/2015)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。