型式名称RD2005のプラズマノズルは2個の個別的なプラズマノズルが、高い強度で均一性に大変優れた処理効果を得るために、共有する回転軸の周りを旋回運動するダブル・プラズマノズル・システムです。このRD2005は特に自動車産業で炭素繊維素材の塗装に先立つ事前処理で利用されます。またガラス部材の表面クリーニングやアルミ・パネル材のクリーニングにも本ノズルは優先的に利用されますが、その理由はRD2005で最高60m/minの処理速度が実現できることにあります。

この高い処理速度はプラズマ処理をデジタル印刷に利用する場合にも特に重要となります。例えばIDカードの個別的処理でも高い印刷速度で良好な印刷結果を達成することが必要となります。プラズマによる事前処理により表面が受ける熱的負荷は僅少ながら均一な処理効果が得られます。

Rotationsdüse RD2005
プラズマ・ジェネレータ RD2005

利用例:

  • 複合素材の表面を後続工程に適合させるための活性化
  • ガラス材の表面クリーニング
  • 例えばIDカードの事前処理などのデジタル印刷

弊社のノズルやシステムは間断なく開発が進められ、RD2005を基本タイプとする他の旋回ノズルや改良タイプもございます。もし別タイプのノズルや利用事例に関するご質問をお寄せ頂ければ、弊社の専門家が喜んで対応させて頂きます。

/Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme, /Tags/ProdukteSysteme

関連記事

クロムフリー表面処理 –
アルミ産業におけるPlasmatreat

ALUMINIUM-PRAXIS (6/2018)
ドキュメントを開く

構造部材の接着:プラズマによって溶剤と粗面処理が不要に

WERKSTOFFE in der Fertigung (Nr. 5/2017)
ドキュメントを開く

溶剤の代わりにプラズマ技術

JOT (3/2014)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。