大気圧プラズマソリューション:表面の高効率化
プラズマクリーニング、活性化、ナノコーティング  

大気圧プラズマ前処理は、プラスチック、金属(アルミニウムなど)、ガラス、リサイクル材料、複合材のクリーニングや活性化、コーティング用として、最も効率性に優れたプラズマプロセスの一つです。

Openair-Plasma®技術を利用すれば、低圧プラズマ技術とは違い、特殊なチャンバーシステムを使用する必要がありません。

Openair-Plasma®(プラズマクリーニング)による超微細クリーニングを施すと、表面の離型剤や添加剤を穏やかに、かつ安全にクリーニングし、表面を滅菌します(プラズマ殺菌)。その一方でプラズマ活性化を行い、処理後に接着剤やコーティング剤の接着が可能な状態にします。またナノコーティングPlasmaPlus®(プラズマコーティング)を利用すれば、特殊な製品要件を満たす特性を備えた機能化表面を作り出すこともできます。

Openair-Plasma®ソリューション ‐ 大気条件下における前処理:インライン、優れたコスト効率、環境に優しい技術。

プラズマトリート社では、効果の小さいコロナプロセスなどの表面処理プロセスを、効率性に優れた大気圧ソリューションに切り替えるという課題に取り組んできました。Openair-Plasma®プロセスは、シンプルで安全な環境に優しい技術です。標準圧力下でプラズマ処理を行うためには、空気と電力、そして既存の製造ライン以外は必要ありません。そのため、Openair-Plasma®はほぼ全ての製造分野で利用されています。

 

Flächige Folienbehandlung mit Düsen-Array
配列ノズルによる全面フィルム処理

他の前処理方法と比較したOpenair-Plasma®技術でのメリット:

  • 高いプロセス信頼性:
    Openair-Plasma®技術は、優れたエラーセーフ機能とプロセス信頼性を特徴としています。
  • 優れたコスト効率:
    マルチシフト作業においても高速プロセスが可能であり、またスクラップ発生率が低いため、プロセス効率を確実に高めることができます。またOpenair-Plasma®プロセスは、可撓性材料を使用した部位にも利用することが可能であり、したがって優れた条件を備えた材料を簡単に利用することができます。
  • 高レベルの活性化:
    コロナ処理とは違い、Openair-Plasma®では、処理表面を高レベルに活性化することができます。
  • 広いプロセスウィンドウ:
    Openair-Plasma®、広いプロセスウィンドウを確保することができます。フレーム処理と比較して、熱によりコンポーネントが損傷する危険が非常に小さくなっています。
  • 取り付けが簡単:
    粗面化処理や砂/酸化アルミニウムブラスト処理などの機械的プロセスとは対照的に、Openair-Plasma®は既存のプロセスにインラインで簡単に組み入れることができます。
  • 環境に優しい:
    Openair-Plasma®プロセスを利用すれば、溶剤や揮発性有機化合物を必要としない方法を用いて表面を処理することができます。亜鉛めっき処理や電気的手法を用いた酸洗浄、クロムめっきなどの電気化学プロセスとは異なり、溶剤を利用する必要がありません。
/Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /OpenairPlasmaTechnik-rechts, /Tags/Sonstige/OpenairPlasmaAllgemein, /Tags/Plasmatechnologie/OpenairPlasmaTechnik-rechts,

関連記事

プラズマで溶剤を使わない前処理

WERKSTOFFE IN DER FERTIGUNG (11/2015)
ドキュメントを開く

「軽量構造が望まれている」- CEO Christian Buske 氏インタビュー

BBR „FUTURE“ Special (9/2015)
ドキュメントを開く

音速で洗浄

IPCM (International Paint & Coating Magazine 10/2012)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。