クロスハッチ試験:塗装プロセスにおいてプラズマ前処理を施した場合と施さない場合とを比較

クロスハッチ試験と目視評価:

Gitterschnitt GT0
左:十分な接着性GT0(プラズマ前処理あり)
Gitterschnitt GT5
右:不十分な接着性GT5(プラズマ前処理なし)
/Lackieren-rechts, , ,

関連記事

安全上の要因となる付着特性

YEARBOOK OF SEALING AND GASKET TECHNOLOGIES 2020
ドキュメントを開く

道標的な決断: プライマーなしの接着

ALUMINIUM-PRAXIS (Kick-Off Edition 11/2019)
ドキュメントを開く

民生部門の安全に向けた研究:
DBD-プラズマを利用した除染

MEDICINE & TECHNOLOGY No.1 [11].2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。