プラズマ接着接合技術:プラスチック・金属の耐久性に優れた確実な接合

ポリプロピレン(PP)やポリエーテル・エーテル・ケトン(PEEK)、ポリオキシメチレン(POM)をはじめとする材料の多くは、プラズマ前処理を施さない限り、ほとんど、あるいは全く接合することができません。ガラス、金属、セラミック、プラスチックに耐久性に優れた高強度の接合を施すことは、製造業界特有の課題となっています。
Openair-Plasma®処理を利用して、表面改質処理と同時に超微細クリーニングを施すことにより、接合する表面の接着機能・接合強度を改善することができます。

  • 最新型自動車ヘッドランプのプラズマ接着技術

    Openair-Plasma®を利用することにより、新開発のウォームメルト一液系PUR接着剤を用いて、無極性プラスチック(ポリプロピレン)を確実に接着することに初めて成功しました。Openair-Plasma®処理を施すことにより、接合する材料に不可欠な高い表面張力を与えることができます。
    詳しくはこちら 
  • 構造接合:車両製造における冷蔵トラック上部構造を対象としたプラズマ接着接合技術

    この用途では、パネルコンポーネントの構造接合が必要となります。従来の全てのクリーニング/前処理プロセスに代わる技術としてOpenair-Plasma®前処理を利用すれば、接合する表面の接着機能を改善することができます。
    詳しくはこちら 
  • EPDMの接合: EPDM押出異形材の接着機能の改善

    従来の方法では、プロセス中に回転ワイヤブラシを用いてEPDM異形材の表面の粗面化を行う必要がありました。現在では、自動車業界を中心に、Openair-Plasma®がフロック接着加工や摩擦防止コーティング加工用前処理の「最先端技術」としての地位を確立しています。その理由は、この技術が効率性に優れており、しかもコーティングプロセスではない点にあります。
    詳しくはこちら 
/Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Kleben, /Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben, /Tags/Plasmabehandlung/Kleben-rechts

関連記事

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

自動車製造:
「プラズマノズルから放出される付着力」

ADHESION Adhesives & Sealants (4/2018)
ドキュメントを開く

クロムフリー表面処理 –
アルミ産業におけるPlasmatreat

ALUMINIUM-PRAXIS (6/2018)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。