MSA - 自動ハンディ接触角計

ハンディタイプの接触角計、Mobile Surface Analyser (MSA)は、液体の接触角を測定し表面自由エネルギーを自動的に計算します。その情報により素材表面の特性を判断し、加工方法が判断しやすくなります。例えば、印刷、塗装またはコーティング工程に際する重要なパラメーターとなる濡れ性、更には表面の粘着性などの特性を算定することができます。Openair-Plasma®による表面活性化の効果として表面自由エネルギー、極性、分散性をMSAにより評価、アナライズをしています。

MSAでは固体表面の表面エネルギーを知るために、水(極性)とジヨードメタン(無極性)の試液2種を使用します。

測定器をワンクリックするだけで両試液が同時に射出され、わずか1秒以内の短時間に計算、分析されます。この非接触式手法により表面の意図しない接触や考えられる汚染、ないしは検体の損傷などが防止されます。

Mobile Surface Analyzer
Mobile Surface Analyser – MSA

MSAの特長:

  • 操作が簡単で全自動化を実現 – 測定にはワンクリックするだけ
  • 特に頑丈な設計でラボ測定器並みの信頼性を維持
  • 移動的な非破壊式品質管理に最適
  • USB端子を介する本体との信号・電源接続
  • 垂直や湾曲した面、更には下面でも測定可能

利用分野

  • 接触角の測定
  • Owens-Wendt-Rabel-Kaelble, Wu, Zisman, Fowkes 及びvan Oss & Goodなどの手法による表面自由エネルギーの算定
  • 事前処理、ないしはコーティングされた表面の品質管理に適する

MSAの詳細情報やご注文にはこちらをご覧ください。

貴社製品の表面特性を最適化するための詳細情報をご希望の場合はこちらをクリックして下されば弊社の営業チームが喜んで対応させて頂きます。

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。