リーガル・ノーティス


1. オンライン内容

提供情報のタイミングの良さ、正確性、完全性、あるいは質について、著作者はなんら保証しません。重大な、あるいは重大でないものについての損害賠償に関する著作者の責任は、提供情報の使用、あるいは不使用による、あるいは間違った、あるいは不完全な情報の使用によるものであっても、立証できる故意あるいは重大な過失が著作者にあると非難できない限り、基本的に排除されます。すべての提供物は変更が有り得るものとし、拘束力を持ちません。著作者は明示により、事前の通知なしに定期的あるいは完全に表示物を改良、変更、ページあるいは情報の部分的または全体削除、打ち切りを行う権利を留保します。

2. レファレンスとリンク

他のインターネットページ(リンク)は著作者の責任範囲外であり、リンクに対する直接、間接の接続の場合、著作者がその内容を知っており、内容が違法であれば、その使用を阻止できる技術的、合理的可能性があるときに限り、責任負担義務が履行されます。従って著作者は、リンクをセットする時点では内容に違法性がないことを明示します。著作者はそのとき、あるいは将来の設計、あるいはリンクした/相互にリンクしたページの内容に、いかなる影響力も有していません。従って著作者は、リンクを張った後に変更された、リンクした/相互にリンクしたページのすべての内容に関係ないことを明示します。こうした認識は、実際のインターネット上の表示物内に置かれたリンクおよびレファレンスのすべてに適用され、また著作者が設けた第三者ゲストブック、ディスカッションフォーラムおよびメーリングリストへのエントリーにも適用されます。ページのプロバイダーは、レファレンスがされる/された違法/間違い、不完全な内容のみに責任があり、レファレンスがされる/された内容には責任を負いません。特に、こうして提供された情報の使用、あるいは不使用から生じた損害に責任を負いません。

3. 財産権および権利の表示

著作者は、その表示物の中に使用するグラフィックス、サウンドドキュメント、ビデオのシーケンス、テキストの情報の財産権を守ることに努力します。また、自身のグラフィックス、サウンドドキュメント、ビデオのシーケンス、テキストを使用するよう努め、さらにライセンス不要のグラフィックス、サウンドドキュメント、ビデオのシーケンス、テキストを、すべての表事物の中で、使用するように努めます。第三者の保護されているすべてのブランド名、商標、あるいは、インターネットサイト中で引用される名称および商標は、それぞれの登録済み所有者の、有効な表示についての権利による、要請に、無条件に従います。ブランド名が引用されている事実は、第三者の保護がそのブランド名に及んでいないことを意味していません。著作者自身が公表した事物の著作権は、ページの著作者の固有の財産です。グラフィックス、サウンドドキュメント、ビデオのシーケンス、その他電子的あるいは印刷物上のテキストの再掲出、あるいは使用は、著作者の明示による許可なしでは許諾されません。

4. データ保護

インターネットサイト内の、個人あるいは企業データ(eメールアドレス、氏名、住所)をインプットする可能性があるとき、その情報の開示は、ユーザー自身による、明示の自発的行為として起きるものです。提供されたサービスすべての利用と対価支払いは、それが技術的に可能で合理的であれば、そうした情報の開示なしに、あるいは特定されないデータ、あるいは匿名で行うことができます。

本ウェブサイトは、Google, Inc.(「グーグル」という)の提供している分析サービスであるグーグルアナリティクスを使用しています。グーグルは、ユーザーのサイト使用を分析するため、ユーザーのコンピューターに置かれるテキストファイルである、クッキーを使用しています。ユーザーのウェブサイトの使用についてクッキーの得た情報(IPアドレスを含む)は、米国におけるグーグルのサーバーに送られ蓄えられます。グーグルはその情報を、ユーザーのウェブサイト使用の分析、ウェブサイト運用者への、ウェブサイト利用状況報告書作成、ウェブサイトの状況、およびインターネット使用に関する他のサービスの提供のために使用します。グーグルはまた、法の要請がある場合、第三者に情報の処理を任せている場合、第三者に情報を送ることができます。グーグルは、グーグルの他の情報にユーザーのIPアドレスを関連付けることはありません。ユーザーは、ブラウザ上のセッティングを選択するとことにより、クッキーを拒むことができます。ただしその場合、ユーザーは本ウェブサイトの機能性をフルに活用することはできないことに留意してください。本ウェブサイトを使用することにより、ユーザーは、以上に記された方法と目的において、グーグルが個人情報を処理することに同意したことになります。

5. 本責任除外執行の合法性

本責任除外は、このページをレファレンスできるインターネットサイトの一部であると見なされます。本テキストの一部あるいは、用語法が現行法の立場と一致しない、あるいは完全に反映していない場合、本文書の残りの部分の内容、および有効性は、それによって影響を受けません。

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。