Openair-Plasma®による仕上塗装 – 本来のクリアコートへの完璧な接着

車体用塗装システムは、eコート、プライマー、ベースコート、クリアコートの複数の層で構成されています。塗装の不具合や粒子の混入が生じた場合には、仕上げ塗装作業(マスキング、研磨、再塗装)に手間をかける必要があります。

クリアコート(トップコート)自体の表面張力は小さいため、新たなコーティングをクリアコートに接着するためには、前処理を行わなければなりません。

車体全体の再処理を行う方法としては、選択的なプラズマ前処理が経済的かつ効果的な選択肢となります。プラズマトリートのOpenair-Plasma®プロセスを利用すれば、局所的な仕上げ塗装が可能となり、また車体全体の塗装作業前に前処理を行うこともできます。Openair-Plasma®では、低圧チャンバーは必要ありません。

/KfzAussenteile, /KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile, /Tags/Automobilbau/KfzAussenteile-rechts

関連記事

自動車製造:
「プラズマで品質向上」

JOT (9/2017)
ドキュメントを開く

Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに

BP&R (British Plastics & Rubber, 5/2011)
ドキュメントを開く

Sa(v)fe with Plasma

PROCESS CLEANING (5-6/2009)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。