揮発性有機化合物を使用しないコーティングシステムを用いた自動車内装品の製造用プラズマ前処理

自動車の内装に設置したプラスチック部品の表面には、全てコーティングを施し、触感と音響性能を改善しています。自動車業界が抱えている大きな課題の一つに、自動車内装品に使用する溶剤型材料から放出される揮発性有機化合物の大幅な減少があります。そのためには、ポリウレタン(PU)を主成分とするコーティングやUVコーティングが有望視されています。しかし、これらの揮発性有機化合物を使用しないコーティングシステムを利用するには、基材が高い表面張力を備えていなければなりません。そのためには、均質な前処理を効果的に施す必要があります。

革ラミネート加工ハンドル

Openair-Plasma®を利用して、処理箇所を絞り込んだ前処理を施すことにより、プラスチックベース材料の表面張力を大幅に高め、確実に接合することができます。すなわち、塗布したポリウレタン接着剤を瞬間的に、かつ確実に接着することが可能となります。

/KfzInnenteile, /KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile, /Tags/Automobilbau/KfzInnenteile-rechts

関連記事

自動車製造:
「プラズマで品質向上」

JOT (9/2017)
ドキュメントを開く

プラズマを使って連続工程へ

KUNSTSTOFFE (10/2011)
ドキュメントを開く

プラズマで危機管理に成功

ADHÄSION (10/2011)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。