EPDMドアシールは、2種類の重要な機能を発揮します。ドアシールは目張り材として機能すると同時に、自動車内で感じる騒音レベルを低減します。自動車用ドアシールには、特殊な表面仕上げを施し、埃の粒子がシールに付着しないようにしなければなりません。しかし、押出プロセス中に機能性コーティング(摩擦防止/フロックコーティング)を接着するのは、簡単なことではありません。

これまで、EPDM押出成形品の表面には、回転ワイヤブラシを用いて連続的に凹凸を付ける必要がありました。このプロセスは、結果を予測することが難しい複雑なプロセスです。

EPDMプロフィール押出成形のためのOpenair-Plasma®インライン処理
様々なノズルを配置することで、プロフィールの形状に沿った処理が可能です。 連続工程での使用でき、プラズマ活性化は接触なし、均一で非常に効果的です。

EPDM押出成形品へのプラズマ前処理は、非常に優れた長所を備えています。そのため、自動車業界における最先端技術としての地位を短期間のうちに確立しました:

  • 不良率の低下による生産性の向上
  • プラズマ装置による完全なプロセス監視
  • 堅牢な装置構成によって24時間連続運転ができます。高稼働率(99.5%以上)
  • 短時間での組立が可能:断面形状に合わせて、ノズルの配置が簡単に設定可能です。

Hutchinson

EPDMシールの塗装・接合

ハッチンソン社(ドイツ、アーヘン)では、自動車業界向けのEPDM押出成形品に塗装やフロック加工を施す前に、Openair®プラズマを用いて前処理を行っています。その長所としては、スクラップの減少、生産性の向上、最も高いプロセスの安全性・信頼性があげられます。

ストーリーを読む

/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/EPDM

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

的確な位置へ環境にも優しく – 大気圧プラズマによる腐食防止

WOMAG (3/2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。