玩具に関する厳しい基準 ‐ Openair-Plasma®による安全な加工とインクの接着

「玩具から剥がれ落ちた印刷インクは、あっという間に幼児の胃に入り込んでしまいます」‐この有名な玩具メーカーによる警告文は、玩具に厳しい安全要件を課す必要があることを示しています。したがって、玩具に使用するインクシステムは、食品着色剤に適用される要件と同じ要件に適合していなければなりません。また同時に、玩具用プラスチック製部品の製造には、鉛などの有毒な安定剤を使用することはできません。

したがって、コスト効率に優れた方法を用いて玩具を製造するという一般的な課題を克服すると同時に、品質に優れた印刷インクの接着を可能にするためには、革新的な製造プロセスが必要となります。

Openair-Plasma®を利用すれば、多種多様な材料の加工に必要となる高レベルの表面張力を確実に達成することができます。ここで最も重要な意味を持つのが、このプロセスは化学薬品を使用しない、純粋な物理的プロセスであるということです。

/Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug, /Tags/Konsumgueter, /Tags/Konsumgueter/Spielzeug

関連記事

プラズマによるクロム不使用のブラインド材処理

WOMAG (10/2019)
ドキュメントを開く

コイル・コーティング:
プラズマが化学的スーパー・クリーニングと交替する

ALUMINIUM-PRAXIS Special (01[5].2019)
ドキュメントを開く

「大量生産を個性的に」
UVインクジェット・デジタルプリントでプラズマを利用

WORLD OF PRINT (10/2017)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。