プラズマ前処理を用いた親水化処理による釣り糸の機能を最適化

この用途で利用される例は、実のところ多くはありません。しかし、2種類の媒質を合わせる際に表面張力が与える影響の大きさを示す代表的な例がひとつあります。釣り糸に前処理を施さなければ、釣り糸が常に水面に浮かんでしまい、光の屈折を生じて魚に気づかれてしまいます。

この現象については、ポリマー表面に水滴を落とした際の広がり方によって説明することができます。Openair-Plasma®処理による親水化処理を施した場合、釣り糸の表面張力を72 mN以上に高めることができます。それにより湿潤性が改善され、表面全体に水滴が拡がるようになります。その結果、釣り糸は水面下に沈むようになり、ほぼ見えない状態になります。これで後は、魚が餌に食いつくのを待つだけとなる、というわけです。

/Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete, /Tags/Konsumgueter/Sportgeraete

関連記事

プラズマテクノロジーでスキー界に革命

IPCM ( 7/2014)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。