Openair®プラズマを用いたプラズマプロセスが初めて採用された用途の一つとして、ボトルやガラス用キャップにラベルを貼り付ける前に行うプラズマ前処理があげられます。

開封済みシール貼付のためのプラズマ処理

パッケージの内容物の健全性を保証するためには、開封明示機能付キャップやタックスラベルを使用する必要があります。この種のシールは、(ガラスに貼り付けた)メインラベルから(金属/プラスチック製の)キャップまでをカバーするように接着する必要があります。

この種の用途で使用するキャップの製造は、冷間成形プロセスを利用します。このプロセスでは潤滑剤を使用するため、その残留物がキャップの表面に付着する可能性があります。そのため、接着処理を行う前に、微細クリーニングを施す必要があります。

Openair®プラズマによるプラズマ前処理を施すことにより、メインラベルとシール用ラベルの双方とも、同じ接着剤を用いて全体を貼り付けることが可能となります。

/Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Glas-Metallverpackung, /Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung, /Tags/Verpackungstechnik/Glas-Metallverpackung-rechts

関連記事

プラズマ技術が包装業界の問題を解決

P&PM (4/2008)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。