軟包装パッケージング材分野は、プラスチックパッケージング業界の中でも間違いなく最大の分野といえるでしょう。チョコレートバーから医薬品用二次パッケージング材まで、あらゆる製品のパッケージングにこの技術が用いられています。そこで重要となるのが、使用期限や販売有効期限を確実に表示することです。

軟包装パッケージング材への使用期限や販売有効期限の表示
信頼性の高い速乾性UV硬化インクの使用

Openair®プラズマは、最適なインク接合を行うために、パッケージング材の適切な個所に処理を施し、インクジェットプロセスにより塗布する印刷インクが確実に接着するようにします。表面張力を強化すれば、フィルムパッケージング材の湿潤性を効果的に改善することができます。特にこの前処理を利用すれば、速乾性紫外線硬化インクを高い信頼性をもって使用することが可能となります。

/Kunststoffverpackung, , , , , , , , ,

関連記事

プラズマによるクロム不使用のブラインド材処理

WOMAG (10/2019)
ドキュメントを開く

世界中の海で活躍する持続性のあるシールと冷凍技術

DICHT! (3 (9)/2019)
ドキュメントを開く

アルミ材を環境に優しい手法で事前処理する

POLYSURFACES (Nr.3[9].2019)
ドキュメントを開く

担当者

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。