自動車業界に不可欠な技術:Openair-Plasma®大気圧プラズマ
前処理

自動車業界では、細かく調整ができる安定したプロセスを利用しています。これが高品質を安定して実現する基本的な前提条件となります。また、複雑な形状の部品を生産する際の主な製造パラメータとしては、耐久性に優れた接着剤と新素材の使用があげられます。Openair-Plasma®は、他の前処理技術では達成が不可能な自動車業界の厳しい要件を満たす技術です。そのため、大手メーカーのさまざまな製造プロセスにおいて、確立された技術となっています。

  • ヘッドライト – コストを抑えた密封接合

    LED技術を採用した最新型ヘッドライトは、車両の耐用年数に匹敵する耐久性を備えています。そのため、ライトを交換する必要がありません。このような耐用年数の長期化を可能にするためには、ライトを効果的に保護し、水分を全て排除しなければなりません。

     

    詳しくはこちら 
  • EPDMプロファイル – 信頼性の高いコーティングとフロックコーティング

    EPDMドアシールは、2種類の重要な機能を発揮します。すなわち、ドアシールは目張り材として機能すると同時に、自動車内で感じる騒音レベルを低減します。自動車用ドアシールには、特殊な表面仕上げを施す必要があります。

     

    詳しくはこちら 
  • 自動車内装品 – 広い面積に均質な表面活性化を施すプラズマローテーションノズル

    立体的な自動車内装品にコーティング、ラッピング、インモールド装飾、インモールドラベリングなどを施す前に、工業用ロボットにプラズマノズルを使用することで、極めて精度が高い前処理を、環境に配慮した方法を用いて短時間に行うことができます。

     

    詳しくはこちら 
  • 自動車外装品–複雑な複合材料のクリーニング・活性化

    プラズマ前処理は、材料を安定して組み合わせ、確実に接合して高品質の表面仕上げを行うために不可欠な技術です。

     

    詳しくはこちら 
  • PlasmaPlus®の画期的技術:プライマーを使用しないフロントガラスの接合

    フォードモーター社は、この湿潤ケミカル処理法から、環境に優しく、揮発性有機化学物質を使用しない全自動プロセス‐PlasmaPlus®を用いたプラズマポリマーナノコーティングへの全面的な切り替えに初めて成功しました。

     

    詳しくはこちら 
  • ドライブトレイン/エンジン用電子機器 – 耐久性に優れた耐腐食性の接着接合線用シーリング

    シールの品質は、特に接触面の清浄度によって左右されます。この重要な部分にOpenair-Plasma®クリーニングを施すことにより、複雑な形状であっても、スポット前処理を効果的に実施することができます。

     

    詳しくはこちら 
/Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

的確な位置へ環境にも優しく – 大気圧プラズマによる腐食防止

WOMAG (3/2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。