効率的かつ革新的:製造プロセスにインラインで組み入れたOpenair-Plasma®処理。

大気圧プラズマを利用して加工を行う代表的な応用分野としては、接着接合、複合材の接合、印刷、塗装、コーティング、2色押出加工などがあげられます。

Openair-Plasma®処理は、包装材、印刷、家庭用家電製品業界から、医療、電子機器、テキスタイル・エンジニアリング、コイルコーティング、自動車、造船、航空機業界に至るまで、ほぼ全ての工業製造プロセスで利用されています。

これら全ての工業用途分野において、プラスチックや金属、ガラス、繊維、フィルムなどの材料の接合、印刷、塗装が行われています。この場合、新たなカスタム化した材料特性の実現に向けて、2種類の異種物質の組み合わせを試みた際に、それぞれに特有の課題が生じるケースが多く見られます。

  • 一般的な全ての印刷プロセスにおけるプラズマ前処理による印刷・インク接合の最適化、最高品質の印刷

    Openair-Plasma®技術は、パッド印刷、スクリーン印刷、オフセット印刷など、一般的な全ての印刷方法で利用されています。Openair-Plasma®による前処理を施すことにより、結合しにくい水性印刷用インクを接合し、接着性に乏しい表面に確実に長期間接着させることができます。

     

    詳しくはこちら 
  • Openair-Plasma®による塗膜密着性の最適化

    塗装プロセスを行うには、表面を完璧に処理しておく必要があります。大気圧プラズマを用いてコンポーネントの前処理を施すことにより、塗膜密着性を大幅に強化し、溶剤を使用しない(揮発性有機化合物を使用しない)水性塗料を高い信頼性をもって使用し、環境に優しい製造方法を実現することができます。

     

    詳しくはこちら 
  • 長期にわたるプラスチック・金属の確実な接着接合

    ポリプロピレン(PP)やポリエーテル・エーテル・ケトン(PEEK)、ポリオキシメチレン(POM)をはじめとする材料の多くは、プラズマ前処理を施さない限り、ほとんど、あるいは全く接合することができません。ガラス、金属、セラミック、プラスチックに耐久性に優れた高強度の接合を施すことは、製造業界特有の課題となっています。

     

    詳しくはこちら 
  • コンパウンドを原料とする革新的複合材:Openair-Plasma®を利用した2色射出成形加工

    新たな接合複合材の登場により、あらゆる種類の材料の応用範囲を大幅に拡大することができます。Openair-Plasma®を利用すれば、これまで両立性を備えていなかった材料を組み合わせ、2色射出成形加工や2色押出加工を施すことができます。

     

    詳しくはこちら 
  • 表面の機能化: PlasmaPlus®プロセスが備える無限の可能性

    表面を選択的に機能化した製品を製造することにより、全く新しい次元の技術革新への道を開くことができます。

     

    詳しくはこちら 
/Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung, /Tags/Plasmabehandlung

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

コイル・コーティング:
プラズマが化学的スーパー・クリーニングと交替する

ALUMINIUM-PRAXIS Special (01[5].2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。